これって偏頭痛?偏頭痛のセルフチェック5つのポイント?

これって偏頭痛?偏頭痛のセルフチェック5つのポイント?

日頃起こる頭痛には、緊張型頭痛と偏頭痛の2つのタイプがあります。緊張型頭痛は眼精疲労や首・肩の凝りによって引き起こされるもので、凝り固まった筋肉を温めたり動かしたりしてほぐすことで緩和されます。デスクワークなど長時間同じ姿勢を取っているとなりやすいため、こまめに休憩を取って身体を動かすようにしたり日常生活を見直したりして改善を図っていくことが必要です。一方の偏頭痛は、はっきりとした原因がわかっていないものの、ホルモンのバランスなどによって引き起こされるとされています。ストレスや緊張で収縮した血管が拡張する際に炎症を起こし、ズキズキと痛むといったことも原因と考えられているため、自分でとれる対処方法が少なく、生活習慣や食生活などを見直して様子を見ていくといったことが主となります。

 

緊張性頭痛と偏頭痛の見分け方

偏頭痛には見分け方があります。「ズキズキと拍動するような痛みがある」「仕事などに支障が出るほど我慢できない強い痛みがする」「身体を動かすと痛みが悪化」「頭痛と一緒に吐き気がする」「光や音に敏感になる」という5つのチェック項目があり、最初の4つのうち2つ、後の2つのうち1つに当てはまる場合は、高確率で偏頭痛と考えられるでしょう。年齢による身体の変化で偏頭痛が引き起こされることは多いですが、基本的には年齢は関係なく、子どもでも症状に悩まされることが珍しくありません。逆に、50歳を超えてから初めて片頭痛のような急激な痛みが起こるということは珍しく、その場合は脳の病気が疑われるケースもあるため、早めに病院で診てもらうのをおすすめします。

 

偏頭痛が起こる原因

偏頭痛は常に頭痛がつきまとうというわけではなく、頭痛を引き起こす原因となるものがいくつかあるため、悩まされやすい人の場合は誘因を知り対処していくことも大切です。女性の場合は、月経や排卵、出産や更年期などをきっかけに偏頭痛が起こりやすいため、タイミングに気を付けておくと良いでしょう。生活習慣では、寝不足や寝すぎ、空腹などが偏頭痛を引き起こしやすいため、睡眠や食事は適度に行うよう気を付けてください。ストレスはもちろん、ストレスから解放されるタイミングもまた偏頭痛を引き起こしやすくなるため、ストレスを溜めない生活を心がけることも必要です。眩しい光、強い音、人混みなどによる感覚器官への刺激、極端な天候の変化や高すぎる気温・湿度によっても偏頭痛は招かれるため、注意が必要です。アルコールも引き金となりやすいですから、飲酒の機会や量が多い人は気を付けたり控えたりすることも大切です。

 

偏頭痛は冷やすことで痛みを緩和できる。それでも収まらない場合はインデラルを

偏頭痛は仕事や生活に支障をきたすほど強い痛みを引き起こしますから、誘因を知って備えると共に、自分でできる対処方もしっかり心得ておきましょう。一番簡単に行えるのは、冷たいタオルで冷やすことです。偏頭痛は収縮した血管が拡張しようとすることで炎症を引き起こすため、冷たいタオルを当てて血管を冷やし収縮させれば、かなり痛みを和らげることができます。緊張型頭痛への対処のように温めたりすると逆効果で、症状を悪化させてしまうので気を付けてください。入浴も血管を拡張させるので、偏頭痛の際はできるだけ控えた方が良いでしょう。静かで暗い場所で安静にし、可能であれば少し睡眠を取ると、症状が落ち着きます。症状が軽い場合には、市販の頭痛薬で症状を抑えるのも有効です。症状を放っておくと痛みに敏感になり、少しの頭痛でも酷い痛みに感じるようになってしまいますので、偏頭痛の起こるタイミングや原因、対処方法を正しく理解し、できる予防を行うようにしましょう。酷い人の場合、頭が割れるほど痛いということもあるため、悪化させないよう努力していくのもとても大切になってきます。

 

片頭痛を抑える薬「インデラル」

日常的に偏頭痛に悩まされるのであれば、インデラルという薬を利用して偏頭痛対策を行っていくのもおすすめです。インデラルはあがり症や狭心症の治療に利用される薬ですが、血圧を下げる効果が期待されるため、血管の拡張を抑え、偏頭痛の痛みを緩和する効果も期待できます。頭が割れるほどの痛みというのは耐えることも付き合っていくことも困難ですから、インデラルを活用していくのはとてもおすすめです。インデラルは海外から個人輸入で手に入れることになりますが、コンディション21などの個人輸入代行サイトを利用すれば、普通のネット通販と同じように気軽に手に入れられます。中身が解らないように梱包などにも配慮してもらえますから、配達の人や家族に知られずに注文したいという人も安心です。

 

偏頭痛のためにあまり薬は利用したくないと考える人もいるかもしれませんが、また痛くなるかもと常に心配し続けなければならないことは大きなストレスとなります。ストレスは偏頭痛を引き起こす原因の一つとなりますから、いざという時の対処方法としてはもちろん、もし偏頭痛が起こっても大丈夫というお守りの意味でも、インデラルのような薬を常備しておくのはよい手段です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針