緊張型頭痛と偏頭痛!頭痛の種類とそれを解消するための方法

緊張型頭痛と偏頭痛!頭痛の種類とそれを解消するための方法

頭痛に悩まされている人は少なくありません。頭痛が厄介なのは、自分では痛みをコントロールできないことです。ちょっとしたことをきっかけに起こってしまい、一度痛くなると長く続くなど、人によっても症状が違います。大切なのは、頭痛の種類とそのメカニズムを知って、痛くなった時にどのように対処すれば良いかを知っておくことです。

 

頭痛の種類

頭痛は大きく分けると2種類あります。一つは「緊張型頭痛」と言って、その名の通り緊張が原因で引き起こされる頭痛です。

 

痛みの特徴としては、締め付けられるように頭全体が痛くなることです。肩や首周りの筋肉が硬直して、そのせいで血行が悪くなることによって引き起こされると考えられます。何をきっかけに発生するかは人によってさまざまですが、一般的に多いのが、同じ姿勢で長時間いることや、ストレス、目の疲れなどです。また、血行不良で起こることから、夏場でも冷房の効きすぎで起こることもあります。

 

この種の痛みは、緊張を緩和するために体を温めるのが効果的な改善方法といえるでしょう。痛くなった時はお風呂に入ったり、お風呂に入れない時は蒸しタオルを首や肩などに当てたりするのも良いでしょう。

 

緊張型頭痛

緊張型頭痛とは別に、もう一つ「偏頭痛」という種類の頭痛もあります。慢性的な偏頭痛に悩んでいる人も少なくないですが、その原因ははっきりしていません。一つには、首周りの筋肉に疲労が溜まって、そのせいで筋肉が硬直し、それで頭が痛くなると考えられます。そのため、偏頭痛の緩和には首周りの筋肉をストレッチするのが有効です。

 

足を肩幅に開いて立ち、正面を向いてください。その姿勢のまま、肩だけをコマのように回す運動をしてみてください。この時、頭は動かしません。左右に肩を90°回転させ、その回転の勢いのまま元に戻すということを2分間ぐらい続けると良いでしょう。

 

立ってできない時は、椅子に座ったままでもできます。頭は正面を向いたまま固定して、肩だけを左右交互に回転させてください。これなら仕事のちょっとした合間でもできます。

 

偏頭痛の特徴

偏頭痛の場合、体を動かすと痛みがひどくなることもあります。そういう場合は無理をせずに安静にしましょう。血管の拡張によって偏頭痛が起こることも考えられますので、その場合は痛む部分を冷やしてみると効果がある場合もあります。たとえば、氷枕や冷却シートなどを痛みを感じるこめかみ辺りに当てるのです。そのままなるべく体に刺激が加わらないように安静にしてください。人によっては、コーヒーなどカフェインを含むものを摂取すると痛みが和らぐこともあります。

 

偏頭痛の解消はなかなか難しいのですが、一つの対処法として覚えておきたいのがツボ押しです。ツボを押してすぐに偏頭痛がなくなるというわけではなくても、痛みの出ている場所に近い場所を刺激することで多少の効果は期待できます。

 

頭痛を和らげるツボ

攅竹

たとえば、「攅竹」と言う眉間にあるツボを押してみてください。指でつまむようにマッサージします。目の疲労からくる偏頭痛の場合、これで解消されることもあります。

また、同じ頭にあるツボでは「百会」という頭頂部のツボも有効です。このツボは、垂直に真下に向かって押してみてください。力は強すぎず弱すぎず、心地よい痛みを感じる程度がちょうどです。呼吸に合わせながら、3分ぐらい押し続けると痛みが和らぐことがあります。

 

偏頭痛に効果のあるツボと言うと頭のツボがイメージされますが、実は手や足にあるツボのなかにも効果が期待できるものがあります。

 

片頭点

たとえば手のツボでは「片頭点」です。薬指の関節の2番目辺りを押すとズキっとするところがあります。そこです。そこを親指と人差し指でつまんで刺激を加えてみてください。

もう一つ、手のツボで片頭痛解消に効果が期待できるのが「合谷」というツボです。人差し指と親指の交差する辺りがこのツボで、ここを刺激することによって、偏頭痛に限らず体の痛みが解消できるとされています。また、痛みだけでなく、肩こりの緩和にも効果が期待できるでしょう。心地よい痛みを感じるぐらいの力で、数分間刺激し続けてみてください。

 

通谷

足にあるツボでは「通谷」というツボがおすすめです。足の小指の横、関節のちょっと手前にあります。このツボは後頭部の痛み緩和に効果が期待できるため、後頭部が痛いときに押してみましょう。

偏頭痛の原因とされる要因はさまざまです。先に挙げた要素以外にも、ホルモンバランスの変化、音や光などの刺激、空腹状態、アルコール摂取時などがあります。いずれにせよ脳の血管と神経に関する痛みで、体を動かすと余計痛みが増すことがありますので、緊張型頭痛と違って、偏頭痛の場合は無理をしないことを心がけてください。安静にしながら無理をしない程度にツボ押しをやってみましょう。

 

慢性的な偏頭痛にはインデラル

とはいえ、いくらツボを押しても楽にならない偏頭痛もあるでしょう。そういう時に試してみる薬が「コンディション21」です。高血圧や不整脈の治療に用いられる薬ですが、偏頭痛の痛みにも即効性があることがあります。通販サイト「コンディション21」にて、一般の人でも手軽にインデラルは購入できますので検討してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針