日常生活のちょっとした変化で起きる慢性頭痛の種類とその対策

日常生活のちょっとした変化で起きる慢性頭痛の種類とその対策

緊張型の頭痛や片頭痛などは、急性頭痛と違って環境による刺激によって起きることがよくあります。日常生活で起きる変化でさえ、脳にとっては痛みを催すほどの大きな刺激になることがあるのです。

慢性的に頭痛に悩まされている人のなかにも、頭痛の種類を大きく分けると以下の3つになるでしょう。

 

頭痛の種類

片頭痛

一つは、こめかみから目にかけて発作的に痛む片頭痛です。痛みの起き方は人によって違いますが、数時間から数日続く人もいます。また、「片」頭痛というように、頭の片側に痛みが表れることが多いです。しかし、人によっては両側とも痛む場合もあります。

 

緊張型頭痛

もう一つは緊張型頭痛です。片頭痛と違って、頭部全体を締め付けられているかのように痛むのが特徴です。緊張型頭痛は発作的ではなくだらだらと続くのが特徴で、長い人では1週間ぐらい痛み続けることもあります。

 

群発頭痛

慢性頭痛のもう一つの種類が群発頭痛です。片方の目に激痛が走り、年に1~2回、季節の変わり目に周期的に起こるのが特徴です。一度痛みが始まると1か月以上痛みが続く場合もあります。

 

慢性頭痛の原因の大元は同じ?

上記3種類の慢性頭痛は、これまで違う種類の頭痛として分類されていました。ところが、最近の研究では、いずれの頭痛も音や光など環境に対する過敏性によって発症するのではないかとの可能性が指摘されるようになっています。いずれにせよ、脳が人より敏感であるために頭痛が起きやすいということはいえるでしょう。

 

そのため、慢性頭痛を解消するには、なるべく脳に刺激を与えないことが大切です。とはいえ、日常生活のなかでも脳に刺激となり得る変化はさまざまであり、一般的には「こんなことで!?」というような変化でも、人によっては頭痛を起こすこともあるのです。そこで、どのような変化が頭痛を誘発しやすいのか知っておきましょう。

 

頭痛の原因になりやすいもの

気圧の変化

気圧の変化によって片頭痛に苦しむ人はたくさんいます。季節の変わり目、梅雨の時期や台風の時期に、片頭痛に苦しむ人は少なくないでしょう。気圧の影響によって体がむくみ、そのせいで脳内の血管が拡張して、それが頭痛を引き起こすのです。脳が敏感な人だと、沖縄付近にある台風の影響で東京にいても痛みを感じることがあります。自分が特に気圧の変化に敏感だと思うなら、天気予報のチェックを欠かさずに気圧の変化に注意しましょう。

気圧だけでなく、季節自体の変化によっても頭痛持ちの人によっては大きな刺激となることがあります。最近の日本は猛暑やゲリラ豪雨など亜熱帯気候的な様相を呈していますが、こうした気候の大きな変化が頭痛の原因です。季節の影響を受けやすい人は、なるべく生活リズムを乱さないように一年通して過ごすようにしましょう。

 

女性ホルモンのバランス

女性の場合、女性ホルモンのバランスによって頭痛が引き起こされている可能性もあります。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは片頭痛と関係があるため、排卵期や月経前後などに女性のなかには片頭痛が起きやすくなる人がいるのです。こういう人たちも、生活リズムを一定に整えることを意識し、頭痛を誘発するような刺激をなくすように努めましょう。

日常生活で起こる身近な変化によって頭痛が引き起こされることがわかりましたが、意識すれば防げるのなら、日々気をつけたいこともあります。

 

ブルーライト

まずはブルーライトです。今ではパソコンやスマホなど多くの人が手放せない生活を送っていますが、それらの機器から発するブルーライトという光は脳に強い刺激となります。四六時中ブルーライトの強い刺激を受けることによって、知らず知らずに頭痛を誘発している人はとても多いのです。寝る前の数時間はパソコンやスマホの使用を止め、日中使用する際もなるべく光の量を落とすように意識してみてください。

また、ブルーライトだけでなく、車のヘッドライトや室内の照明も脳には刺激になります。なるべくLEDの淡い色合いの電球を用い、可能ならば間接照明に切り替えましょう。蛍光灯が古くなってちらつくと脳に強い刺激になることもあるので、古い電灯は早めの交換が肝心です。

 

音や香りによる刺激、食べ物の影響

光だけでなく、音によっても脳は刺激を受けます。特に大きな音には注意が必要です。さらに、映画やコンサートのように暗い中で爆音を聞いたりきらびやかな映像を見たりするのは、脳には非常に強い刺激となります。慢性頭痛の人はそれによって頭痛を強く引き起こされることもあるでしょう。エンターテイメントを楽しむなというわけではありませんが、頭痛予防のためには大きな音をなるべく控えることが大切です。

意外なところでは、香りによっても頭痛を起こすほど脳は刺激を受けます。特に最近は香りの強い柔軟剤やルームフレグランスなどが増えていますので、頭痛持ちの人は注意してください。なるべく部屋ににおいがこもらないよう、こまめに換気するのがよいでしょう。

食べ物ではチーズや赤ワインなどに注意が必要です。これらに含まれるチラミンやポリフェノールという成分には血管を拡張させる作用があるため、頭痛持ちの人にとっては痛みを悪化させる場合があります。

 

慢性的な片頭痛にお悩みの方はインデラル

片頭痛にお悩みの方は「インデラル」という薬も検討してみてください。もともと高血圧の薬ですが、片頭痛の緩和にも効果があるのではないかといわれています。インデラルは通販サイト「コンディション21」にて入手可能です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針