頭痛の原因はこんなにある。頭痛の原因とパターン別の対処法を徹底解説

頭痛の原因はこんなにある。頭痛の原因とパターン別の対処法を徹底解説

頭痛持ちという自覚のある方は沢山いますが、原因がハッキリわからないというケースも多いのではないでしょうか?

実際、頭痛にはいくつかの種類が有り、その原因も多種多様です。

今回は頭痛の種類と原因、対処法について解説していきたいと思います。

 

頭痛の種類は大きく2種類に分かれます

一次性頭痛

一つは、肩こりや目の使いすぎ、精神的なプレッシャーなど、身体的・精神的なストレスが原因で自律神経が乱れることによって起こる「緊張型頭痛」、二つ目は明確な原因は解明されていないものの脳の血管がなんらかの原因で収縮し、血管周りの神経が刺激され拡張することにより炎症を起こし、その結果として頭痛が起こる「片頭痛」です。

 

さらにもう一つ、あまり知られていないものとして「群発頭痛」というものがあります。

 

偶発頭痛は地震のように偶発的に一定期間、集中して起こる頭痛で、目の奥をドリルでえぐられるような痛みが数十分〜2、3時間続くという症状が出ます。

一次性頭痛の中で最も強い痛みを伴う頭痛です。

 

半年から2・3年ごとに起こり、一度起こるとしばらくの間(長いときは2〜3ヶ月)毎日続きます。

 

 

二次性頭痛

くも膜下出血や脳腫瘍など、命にかかわるリスクのある脳関係の障害の前兆もしくは結果として起こる頭痛です。

 

医療機関のホームページや医師系のコラムでも、軽視してはいけない「危ない頭痛」「怖い頭痛」などとして紹介されているので、早期に重篤な病気の予兆に気づけるように二次性頭痛の特徴については知識を持っておきたいところですね。

 

緊張型頭痛の原因は?

緊張性頭痛の原因は、身体的・精神的ストレスによるものと考えられています。

 

身体的ストレスは肩こりや、スマホの画面を見続けることによって起こるストレートネック等、筋肉の緊張によって血流が悪くなり頭痛が起こるというメカニズムになっています。

 

また、画面の見過ぎによる目の疲れによって起こる場合もあります。

 

精神的ストレスは、過度な緊張であったり何らかのストレスの影響で自律神経が乱れ、その結果として頭痛を誘発するというものです。

 

緊張型頭痛の対処法

まずは血流が滞らないように意識することが大切です。

仕事でPC画面を長時間注視する必要がある場合は、適度に休憩をとったり、肩を揉んでほぐしたりして筋肉の緊張を和らげましょう。

 

血流の低下は肩こりだけが原因ではなく、身体全体の血流を意識したほうが良いので、屈伸運動なども行ったほうが効果的です。

 

スマホ画面を見続ける場合は、ストレートネックにならないように姿勢に注意することも必要ですね。

 

また、身体を冷えると血流が悪くなるので、身体を冷やさない事も大切です。

 

 

片頭痛の原因は?

片頭痛は頭の片側もしくは両側がズキズキと痛み、光に敏感になったり、ひどい場合は嘔吐したり、まともに動けなくなる程の症状を引き起こす重い頭痛です。

 

階段の上り下りなどの軽い運動でも悪化するため、暗くした部屋で安静にするのが一番ですが、数時間〜三日間程度続くこともあり、かなり深刻な頭痛と言えますね。

 

頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが発生するのですが、その原因は完全には解明されていません。

 

 

二次性頭痛の原因は?

二次性頭痛は原因がハッキリしている頭痛で、くも膜下出血や脳腫瘍など脳に何らかの障害が起こった場合に頭痛が起こります。

 

命にかかわる病気の兆候、結果としての頭痛で、人生で感じたことのないレベルの重い頭痛です。

言語障害、身体の麻痺などが場合、迷わず救急車を呼ぶ・呼んでもらう等、すぐに医療機関にかかりましょう。

 

その他、外傷、感染、自己免疫疾患などによって起こる場合もあります。

 

 

まとめ

緊張型頭痛は身体を冷やさないようにしたり、長時間のPC・スマホの操作を控えたり、軽い運動をして筋肉をほぐしたりすることで対処・予防をする事ができます。

 

ただ、慢性的な片頭痛に悩んでいる方は対処が難しいというのが実際のところです。

 

一般的な頭痛薬では痛みを抑えられない事も多いため、予防薬「インデラル」を活用して症状を抑えている方も非常に多いです。

欧米では片頭痛治療の第一選択となっているお薬で安心して利用できます。

 

一般の方でも通販サイト「コンディション21」でインデラルを購入可能ですので、確認してみてくださいね。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針