片頭痛の正しい対処法。温める、冷やすどっちが正しいの?

片頭痛の正しい対処法。温める、冷やすどっちが正しいの?

少し緊張すると、すぐに片頭痛が起こってしまう人は少なくありません。片頭痛にはいろいろな原因があり、大きく分けると血行不良が原因で起こる緊張型のものと、血管が拡張することによっておこる炎症型とがあります。

 

緊張型の頭痛

緊張型のものは、精神的なストレスや疲労が原因で起こりやすいのが特徴です。年齢や性別に関係なく、誰にでも起こりやすく、長時間のデスクワークやパソコン使用、運転などで疲れている時や、プレゼンや大切な商談など緊張した状態が続いた時などは、起こりやすくなります。このタイプの頭痛は、首や肩のあたりの筋肉が緊張して硬くなり、それが頭部への血行を不良にして頭痛を引き起こすというメカニズムとなっています。

 

炎症型の頭痛

一方、炎症型の頭痛は男性よりも女性の方が起こりやすく、20代から40代の女性に多く見られるのが特徴です。寝不足や肩こりなどが引き金にになることが多い他、アルコールや煙草も原因となります。また、緊張している時に起こることは稀で、緊張した状態から解放された時に、それが引き金となって起こることが多いです。このタイプの頭痛は、体を動かすと痛みがどんどん強くなるため、安静にしていなければいけません。また、頭痛だけではなく、吐き気を伴うこともあるので要注意です。

 

頭痛のタイプによって対処法が異なります

こうした頭痛は、緊張型なのか炎症型なのか、どちらのタイプなのかによって対処法が異なります。冷やしたほうが良いタイプもあれば、温めたほうが良いタイプもあるので、見極めが大切です。例えば緊張型の場合には、筋肉の凝りが原因で頭部への血行が不良になることによって引き起こされています。筋肉が凝っている部分を冷やしてしまうと、さらに凝りが硬くなってしまうので、冷やすのはNGです。その代わりに、凝っている首や肩のあたりを温めてあげることで頭部への血行を促進でき、頭痛の解消へとつながります。

 

炎症型の頭痛は冷やすことが大切

一方、炎症型の頭痛は、血管が炎症を起こしているために起こります。炎症は、患部が熱を持っているという症状なので、まずは熱を冷ますために冷やすことが大切です。そのため、温めるよりも冷やしてあげるのが良いでしょう。またこのタイプの頭痛は、睡眠不足や疲れ、ホルモンの変化などが原因となり、脳の血管が拡張することで発症することも多いものです。血管の拡張を素早く鎮めるためには、温めるよりも冷やしたほうが効果的です。

 

冷やす場合には、痛い部分に冷たいタオルなどを当ててあげるのがおすすめです。氷など極端に冷たいものを使うと、逆に頭痛がひどくなってしまうことがあるので、注意してください。頭を冷やしながら体を横にすると、いくらか痛みが和らぐことが多いです。仕事中だと、横になることは難しいかもしれません。しかし、もしも可能なら、体を楽な状態にした上で冷やすのが効果的です。

 

頭痛の原因を把握することで適切な対処ができる

頭痛には、いろいろな原因があります。特定の原因で頭が痛くなることが多いなら、どんな風に解消すればよいのかを知っておくことは、素早い解決ができるのでおすすめです。例えば、二日酔いによる頭痛は、血管が拡張していることが原因です。そのため、痛くなったら冷やしてあげるのが良いでしょう。一方、女性に多い生理中の頭痛では、ホルモンバランスが一時的に崩れることにより、脳の血管が拡張することで起こります。この場合にも、冷やすのがおすすめです。ただし生理の時の頭痛には、血液が子宮に集まることによって脳への酸素が一時的に不足し、緊張状態を引き起こすことが原因で起こることもあります。この場合には、緊張型の頭痛なので、お腹の回りや肩、首のあたりを温めて血行促進することで、痛みを軽減できます。

 

慢性的な偏頭痛の緩和にはインデラル

頭が痛いけれど、自分の頭痛のタイプがどちらか分からないという場合は、対処に困ってしまいます。また、対人関係が苦手だったり仕事で緊張することが多く、慢性的に偏頭痛に悩まされているという人にとっては、一日中温め続けたり冷やし続けることは難しいでしょう。そんな時には、インデラルのような医薬品を利用するのがおすすめです。

 

インデラルは、プロプラノロールを有効成分とした医薬品です。狭心症の治療薬としても用いられている他、緊張によるあがり症を改善したり、ストレスによる偏頭痛を改善する効果があります。β遮断薬として人気があり、ストレスや緊張によって頭が真っ白になってしまうような症状を軽減したり、慢性的な偏頭痛で悩まされているという人に大きな効果が期待できます。β遮断薬は、緊張している神経をリラックスする作用があり、服用することによってこれまでよりもリラックスしてプレゼンや商談に臨めるようになりますし、ストレスを感じにくい体質づくりができます。

 

インデラルを購入できる通販サイト

インデラルは市販薬ではないため、ドラッグストアなどでは販売されていません。購入するなら、コンディション21のような個人輸入のネットショップを利用するのがおすすめです。コンディション21は、インドを拠点に展開している医薬品輸出業者で、取引先はすべて正規の医薬品輸出業者のみ。それぞれの業者と直接取引を行っているので安心です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針