偏頭痛で病院に行くべきか悩んでいる方に試して欲しい対処方法

偏頭痛で病院に行くべきか悩んでいる方に試して欲しい対処方法

偏頭痛は慢性化しやすいうえに慢性化してしまうと、日常生活のなかで絶え間ない苦しみに晒されることにもなりかねません。痛みそのものが辛いのはもちろんのこと、いつ痛みが走るのかわからないような状態に晒され続けることで、精神的な苦痛も大きくなります。集中力が低下し仕事などの作業の能率がダウンしてしまいますし、そのストレスが血行不良や自律神経の乱れなど、ますます偏頭痛を悪化させてしまうなど悪循環を生み出してしまうことにもなりかねません。

 

偏頭痛の特徴

いったん収まったかと思ったら再発することが多いのも、偏頭痛の特徴です。そのため有効な対策をとりにくいうえに、症状が一時的に治まると「このままで大丈夫かな」とついつい油断してしまいがちですし、再発したときにも「そのうちまた治る」と我慢するだけで済ませる、といった展開をたどりがちです。

 

どうしても改善しない、あるいは本当に痛みがひどくて日常生活に深刻な支障が生じている場合には、本格的な治療が必要に来るわけですが、できればそんな状況にまでいたる前に、日常生活のなかの範囲内でできる対策をうまく取り入れてみましょう。

 

 

心身の健康の改善について

その際にまず意識したいのが心身の健康の改善です。偏頭痛の直接の原因は、血管が拡張することで頭部に急激に血液が流れ込むことでズキズキといった痛みが生じることです。ではどうして血管が拡張するのか?ということになるのですが、じつははっきりとした原因はまだ明らかになっておらず、心身両面の不調がもたらすさまざまな原因が指摘されています。そのため、人によって抱えている原因が異なっていることも多く、それぞれに合わせた対処が求められるわけです。

 

一般的な傾向としてよく言われるのは、何に対しても一生懸命で完璧にしないと気が済まないタイプの人、つまり完璧主義者や神経質と言われやすい人、努力家などに多い点です。それから男性よりも女性が多い傾向も見られます。まずはこれらのタイプに自分が該当していないかどうかをチェックし、当てはまるものがあった場合にはその特徴にあった対策をうまく取り入れていくことになります。

 

自律神経の乱れの影響が大きい

完璧主義者・神経質と言われがちな人、努力家はとにかく何事にも一生懸命で心身のスイッチのオン・オフを行うのが上手ではないと言われます。現在取り組んでいることからいったん離れてリラックスする、といったことが難しいのです。そのため、心身に過度な不安・緊張といったプレッシャーをもたらし続けることで自律神経に乱れが生じてしまいます。自律神経は血管の収縮と深く関わっており、そのバランスが乱れると急に血管が拡張して紅潮やほてり、片頭痛といった問題が起こりやすいのです。

 

この自律神経の乱れは、女性に偏頭痛が多い理由の一つにもなっています。女性の健康はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンがバランスを取ることで保たれているのですが、これらの女性ホルモンも血管の収縮と深く関わっています。そのため、ホルモンバランスの乱れがそのまま血管の急な拡張をもたらすことがあるのです。

 

心身をうまくリラックスさせよう

こうした問題を改善するための対処法はやはり、心身をうまくリラックスさせることです。仕事など一日の作業を終えたら頭を切り替えてリラックスする。家で音楽やテレビなどを見てゆっくり過ごすのもよいですし、友人や家族と楽しい時間を過ごすのもよいでしょう。とくに緊張や不安に晒されている人は、楽しくリラックスできる環境を作ることで自律神経のバランスを整えやすくなります。ストレス解消も意識したうえでリラックスする機会を作れれば、偏頭痛だけにとどまらず、心身の健康によりよい効果が得られるはずです。

 

ホルモンバランスや食事・気候などが影響することも

女性の場合は、無理なダイエットなどホルモンバランスの乱れをもたらす原因を改善することも意識したうえで、大豆イソフラボンなどホルモンバランスを整える働きを持つ成分をうまく摂取していくのもおすすめです。

 

さらに、血管の拡張・収縮をもたらす環境をできるだけ排除するための対策も日常生活に取り入れてみましょう。例えばチーズやワインをよく食べる人は偏頭痛が起こりやすいと言われています。それは、これらの食材にはポリフェノールをはじめとした血管の拡張・収縮をもたらす効果を保つ成分が含まれているのが原因と考えられています。基本的に洋食よりも和食の方が偏頭痛対策には適していると言われているので、食生活の見直しも検討してみましょう。

 

ほかには気圧の変化や強い匂いや光、音などがきっかけで偏頭痛が起こることもあります。その場合には、そうした刺激を避ける対処方法なども取り入れてみましょう。

 

慢性的な偏頭痛にインデラル

こうした方法と合わせておすすめなのが薬による対策です。インデラルをはじめとした血圧を下げる効果がある薬には、偏頭痛を抑える働きもあるからです。ドラッグストアなどでは入手することはできませんが、個人輸入を利用すれば入手することができます。インデラルを入手できる個人輸入代行業者ではコンディション21などが挙げられますが、こうした業者では通常のネット通販と変わらない感覚で購入が可能です。

 

病院で治療を受けるべきかどうか悩んでいる場合にはまず日常生活でできる対処方法を取り入れてみたうえで個人輸入で入手できる薬も試してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針