放っておくと怖い片頭痛

放っておくと怖い片頭痛

誰もが経験したことがある体の痛みとして、頭痛と腹痛はその代表例となっています。腹痛に関しては食事のとり方やウイルス感染によって引き起こされることが多く、対処療法的に治療されることが多いのですが、やっかいなのは頭痛です。脳の病気や頭部疾患による頭痛であれば原因も明らかで、ある程度の臨床結果をもとに対応の仕方も確立されています。しかし、肩こりや歯痛のような身体的な原因によるものや、精神的な原因によって引き起こされるものもあり、さらにそれらが複雑に影響し合っていることもあるため、取り除くための的確な対応が難しいものでもあります。

 

緊張型頭痛とは?

なかでも最も多いのが緊張型頭痛というもので、これはストレスや緊張状態が続いたときに見られます。パソコンやスマホの使用、長時間同じ姿勢が続く車の運転、高さが合っていない枕の使用などによって症状が現れることがあります。また、人付き合いで緊張しやすいあがり症の方にも多く見られます。日常生活の中では頭痛が悪化することはあまりないのですが、同時に肩こりやめまいなどの症状が見られることがあります。

 

片頭痛ってどんな頭痛?

片頭痛という言葉もよく耳にします。片頭痛は血管の拍動が痛みとして感じられるタイプの頭痛で、脳の血管が広がって、三叉神経を圧迫することにより生じるもので、医学的な対処が必要です。頭の片側にズキズキする痛みとして感じられる中等度または重度の頭痛で、頭、首、顔のどこにでも、または全体に発生する可能性があります。多くの人は気分が悪くなり、吐き気を感じたり、光や音に対する感受性が高まったりなどの症状を示します。片頭痛は女性の5人に1人、男性の15人に1人が発症するもので、多くの人が経験しており、場合によっては緊張型頭痛と片頭痛を両方抱えてしまうこともあります。

 

片頭痛の前兆

片頭痛が始まる直前に、点滅する光が見えるなどの特定の前兆があることもありますが、ほとんどの場合は特定の前兆なしで発生します。週に数回程度と頻繁に発生する場合もあれば、何年も経ってから再発するような場合もあります。片頭痛には単純な鎮痛剤が効果的ですが、常用してしまうと効果が下がるため、鎮痛剤の最大投与量を頻繁に使用しないようにしてください。また、頭痛が頻繁に発生する場合(月に5日以上)には、薬でコントロールできていても、吐き気による嘔吐などによって薬の効能が下がってしまっている可能性もあるため、かかりつけ医に診てもらうようにしてください。特に、腕または顔の片側が麻痺したり会話の内容が不明瞭になったりしているような場合は、脳卒中や髄膜炎などの深刻な状態の兆候である可能性があります。

 

片頭痛の原因は?

片頭痛の原因は正確に解明されていませんが、近親者が発症している場合も多く、遺伝的な原因があるともされています。また、生理や睡眠不足または睡眠の過多といった身体的な原因や、大きな音、強いにおい、特定の食べ物や飲み物の摂取などの外部的な刺激がきっかけで、発症することもあります。特定の食べ物や飲み物などによって片頭痛が引き起こされていると思われる場合は、これらを回避することで片頭痛のリスクを減らすことができます。ストレスを回避するために、暗めの場所で休息を取るなどのリラクゼーション法を実践することにより、片頭痛の症状を緩和させることも効果的です。基本的には定期的な運動、睡眠、食事など、健康的なライフスタイルを維持し、水分をしっかり摂って、カフェインとアルコールの過度な摂取を控えることで予防効果を見込むことができます。

 

片頭痛の治療法は?

片頭痛は通常、数時間から数日続きますが、慢性化することもあり、数週間、数か月、さらには数年も継続して発生して、通常の日常生活を送ることが難しくなる場合があります。ひどい場合は何日もベッドにいる必要があると感じる人もいます。不適切に管理したり、治療せずに放置したりすると、慢性的な毎日の頭痛に変わり、この状態になってしまうと治療することは非常に困難となりますので、注意が必要です。幸いにして症状を軽減したら、さらなる発作を防ぐために、今では多くの効果的な治療法を利用することができます。時間がかかることもありますが、徐々に改善する傾向がありますので、片頭痛が継続し、慢性化しつつある場合などには放っておかずに、専門家と相談しながら、自分に合った治療法の組み合わせを見つけて早めに対処することが大事です。

 

偏頭痛を抑えるインデラル

片頭痛に対していろいろな対処法を組み合わせる際におすすめのひとつが、通販サイト「コンディション21」で取り扱っているインデラルというβ遮断薬に分類されるお薬です。これは心臓の心筋に作用して心拍による血流の増加を抑えるもので、血流や心拍を下げます。血圧が下がることにより、片頭痛を予防する効果が期待できますし、緊張性頭痛などにも有用です。血圧が高い状態が続くと心臓血管系の症状を起こすリスクが高まることもはっきりしていますので、普段から注意をしておくことに越したことはありません。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針