知らないと危険。命にかかわる頭痛もあるって本当!?

知らないと危険。命にかかわる頭痛もあるって本当!?

頭痛持ちの方にとって、ちょっとした頭痛は日常茶飯事で、頭が痛くても「今日も痛いな」ぐらいで済ませてしまうこともあるのではないでしょうか。頭痛はイヤなものですが、それがしょっちゅうならわざわざ大騒ぎするまでもなく、治まるまで放っておくという方が多いでしょう。

 

頭痛は放置すると危険なことも

ところが、「これはふだんの頭痛とは違う。こんな痛さは経験したことがない」という頭痛に襲われることもあります。また、本人は大丈夫と言っていても、家族にとっては「専門家を呼ぶべきではないか」というほどの痛がりようという場合もあるはずです。ところが、そんな状態なのに検査の結果、特に異常なしということで終わってしまうことがあります。

 

こういうことがあるから、多少の頭痛ぐらいでは「何も特別なことはしない。ただ我慢するだけ」という人が少なくないのではないでしょうか。しかし、「たいしたことないだろう」と思っていた軽い頭痛が、実は命にもかかわる重大な病気の兆候だったというケースもあるのです。

 

命にかかわる頭痛もある

命にかかわる頭痛があると言われると心配になりますが、専門的な知識がある人でもなければ、どこまでが安全でどこから危険なのか見極めることはできません。安全なのか危険なのかわからない頭痛を抱えていると、そのわからなさが余計に恐怖や苦痛を生むことになってしまいます。

 

というわけで、気になる頭痛はなるべくなら早急に何とかする方がよいのですが、ここでは、即刻対処すべきという命にかかわる病気が理由の頭痛に焦点を当てます。もし以下のような症状が表れた時は、もしくは、家族がその症状に当てはまる場合は、早急に対策を講じてください。

 

クモ膜下出血による頭痛の場合

命にかかわる危険な頭痛としてまず挙げるべきは、金槌やバットで殴られたかのような激痛です。何の前兆もなく後頭部を突然殴られたような激痛に見舞われた時は、すぐに助けを呼んでください。クモ膜下出血の可能性があります。クモ膜下出血というのは、脳にできた動脈瘤という血管のコブのようなものが破裂した時に起こる病気です。一刻の余地もない緊急事態であり、早急に手術をする必要があります。

 

先ほど、「金槌やバットで後頭部を殴られたような痛みと」とお伝えしたように、クモ膜下出血による頭痛はとにかく痛いのが特徴です。いまだかつて経験したことがないほどの激痛と述べる経験者が多く、なかには痛みのあまり気を失ってしまう人もいます。こうした痛みが発生しやすいのは、重いものを持ち上げた時や排便できばった時などが多く、また、慢性的な高血圧の人、喫煙者、ピルを使用している人に起こりやすいという特徴もあります。

 

 

クモ膜下出血は非常に危険な症状です。たとえ一度目の出血が軽度であったとしても、一度発症したらふたたび襲われるリスクが高く、二度目に発症した時はより命の危険が高まります。命が助かったとしても、言語障害や麻痺などの後遺症が残ることが多いので、後頭部に激痛が走った時は迷わず専門家の助けを求めましょう。

 

頭痛に加え呂律が回らない場合は脳梗塞の可能性

次に、痛みの程度は耐えられないほどではなくても、呂律が回らない、水を飲もうとすると口からこぼれるという症状です。この状態も実は危険です。脳梗塞である可能性が考えられます。脳梗塞の怖いところは、本人に自覚症状があまりないことです。呂律が回らなくても本人はあまり自覚しておらず、周囲の人が何かおかしいと感じるケースがあります。実際、本人は気にしていなかったのに、周囲の人たちに強く勧められて専門機関を訪れたところ、脳梗塞ということがわかったというケースもよくある話です。

 

痛みはそれほど強くないとしても、上記のような症状を伴うならなるべくすぐに対処してください。本人は気づいていないこともあるため、家族や周囲の人が注意してあげる必要もあります。身近な人にこうした症状が表れた時は、代わりに適切な処置を取ってあげてください。

 

最も危険なのは脳腫瘍が原因の頭痛

もう一つ危険な頭痛として、日に日に痛みがひどくなるような頭痛を挙げます。最初に頭痛に気づいた時はそれほどひどい痛みではなかったのに、日を追うごとに痛みが増してきて、頭痛薬を飲んでも効果がないというような痛みです。しまいには、痛さのあまり吐いてしまうようなこともあります。

 

こうした頭痛は、脳腫瘍が原因である可能性が高いです。脳内の腫瘍が原因ですので、これを治療しない限り頭痛も治まりません。しかも、頭痛を感じるほどの腫瘍は相当大きくなっている悪い状態です。日に日に痛くなる頭痛がある時は、至急対策を講じてください。

 

命にかかわるような特に危険な頭痛は上記の3つですが、これ以外でも不安な時は迷わず専門家の意見を乞いましょう。とはいえ、命にかかわるほどの危険な頭痛はごく少数です。偏頭痛など慢性的な頭痛はそれほど危険性はないと考えられます。

 

慢性的な偏頭痛にはインデラル

しかし、頭が痛いことは確かなことですから、危険が少ないとしても早急に何とかしたいと考えるのが人の常でしょう。そういう場合は、インデラル通販サイト「コンディション21」で購入できる薬の使用も検討してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針