あがり症や緊張型の頭痛が多い方にはインデラルがオススメ

あがり症や緊張型の頭痛が多い方にはインデラルがオススメ

初対面の人の前で自己紹介や挨拶をする時、大勢の人の前で話をする時など、あがってしまう、緊張してしまうという人は少なくないでしょう。なかには、緊張しすぎるあまり、頭が痛くなる緊張型頭痛に悩んでいる人もいます。ところが、こういう症状は誰にでも起こる体の自然な反応なのです。

 

緊張がもたらす影響

心身が緊張して張り詰めた状態になると、自律神経のバランスが通常とは異なった状態になります。ふだん何気ない状態であれば、交換神経と副交感神経は適切なバランスを保って働いているのですが、緊張を感じると副交感神経よりも交感神経が優位に働き、その結果、赤面したり、筋肉の緊張から体が震えたり、大量に汗をかいたりといった症状が表れるのです。こうした症状は特別な症状ではなく、どんな人にも表れます。ただ、個人差が大きいので、なかには全然緊張していないように見える人もいれば、傍から見てもひどく緊張していることがわかるほど症状が強く表れる人もいるのです。

 

実際、緊張は悪い面ばかりではなく、よい面もあります。たとえば、アスリートやアーティストは、本番に臨むにあたって適切な緊張感がある方がよい結果を出しやすいということもよく言われることです。

結局は個人差の程度であり、人間なら誰しも不安や緊張を感じやすいといえるでしょう。そもそも、そういうネガティブな感情を警戒心として上手に付き合ってきたからこそ、人類はこれまで生存を続けることができたとも考えられます。

そうはいっても、「自分は特にあがり症で、すぐに緊張する」とお悩みの方にとっては、今すぐなんとかしたいと思うのではないでしょうか。そういう人は一般的に、緊張するほどに緊張していることを隠そうとする傾向があります。

 

緊張するのはごく当たり前の反応

というのも、緊張するのが恥だという意識があるからです。緊張のために、赤面したり、手足が震えたり、汗をかいたりしたら笑われるのではないだろうかと考えてしまい、その考えが余計に不安感や緊張感を強くします。そうした感情が強くなれば、さらに、赤面や震え、発汗などの症状が強まるのも当然です。こうした悪循環によって、なかには頭痛がしたり頭が真っ白になったり、トラウマに感じるほど緊張を感じて、そうした場面をひどく苦手と感じるようになってしまうこともあるのです。

 

あがり症を克服したいのであれば、自分が緊張しやすいことを隠そうとしないことが大切です。先にも述べた通り、緊張とは誰でも感じるごく一般的な反応ですので、人前に出て緊張するのは当然のことであり、隠す必要はまったくありません。それがわかれば、人前に出てたとえ緊張しても、それがばれてもよいと感じられるようになるでしょう。そうなれば不安は自然と和らいで行くものです。

 

緊張状態をオープンにするのも一つの手

たとえば、自ら「人前で話すことはとても緊張しますね」などと気持ちを先に伝えてみるとよいでしょう。そう伝えられて悪印象を持つ人はほとんどいません。むしろ、真面目さや初々しさといった印象が伝わり、好感度アップにつながることもあります。

周りの人たちから自分はどのように見られているのかという意識が強くなりすぎると、自意識過剰から誰でも緊張感が強まり、不安も高まってしまいます。あがり症で困っている人は、そもそもそういう自分の感情に注意を向けすぎなのではないでしょうか。

自分のことにばかり注意を向けているため、ちょっとした緊張や不安が起こっても、それにとらわれやすくなってしまいます。そのため、緊張する場面ほど、自分のことではなく自分以外のことに注意を向けることが緊張や不安を緩和させる第一歩となるでしょう。

 

あがり症や緊張型頭痛の人にオススメのトレーニング

そのためにおすすめのトレーニングがあります。日常で簡単にできるトレーニングなので、あがり症や緊張型頭痛の人は試してみてください。

 

音に注意を向ける方法

一つ目のトレーニングは、音に注意を向ける方法です。音楽を聴く時、多くの人はなんとなく主旋律やボーカルだけに耳を傾けています。そこをさらに注意して、一つ一つの楽器の音の聞き分けにチャレンジしてみましょう。

同じ曲でも、最初はボーカル、次はギター、その次はベース、ドラムというように、注意を向ける音を変えていくのです。そうやって、最後に同じ曲を全体的に聞いてみると、今まで聞こえていた音が全体の中のごく一部の音でしかなかったことに気付くはずです。このトレーニングによって、自分のことばかりでなく、さまざまなことに注意を柔軟に向けるスキルが身につくでしょう。

 

他人をよく観察する方法

もう一つのトレーニングは、自分がカメラマンや画家になったつもりで他人をよく観察する方法です。実際に写真や絵を描く必要はありませんが、そのためには対象となる人をじっくり観察しなければなりません。どんな顔の形をしているのか、髪の長さは?というふうに細かい部分まで注意することになるでしょう。こうやって相手の細かいところにじっくり注意を向けていると、自然と自分に向かう意識が薄くなります。

 

このトレーニングは、人を対象にするだけでなく風景などを対象にしてもできます。見ず知らずの人をジロジロ見つめなくてもできるので安心してください。

 

あがり症や偏頭痛の対策にインデラル

しかし、緊張が強すぎて苦しい、頭痛がつらいという人は、じっくりトレーニングをしている余裕もありません。そういう場合は、「インデラル」という薬を試してみるのもありでしょう。「コンディション21」という通販サイトにて購入できるので、日常生活に支障が出るほどあがり症で悩んでいる人は試してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針