目の奥が痛い。眼精疲労から片頭痛が起こりやすい人にオススメのケア方法

目の奥が痛い。眼精疲労から片頭痛が起こりやすい人にオススメのケア方法

「目の奥がしびれるように痛い」「目の焦点が合わず重く感じる」といった症状に悩まされている人は少なくありません。特にPCを長時間操作する人は、この「眼精疲労」という症状に悩まされることが多くなっています。眼精疲労が酷くなると、目がかすんできたり、吐き気がしたりします。また、片頭痛の原因となるケースも多いのです。そこまで体調が悪化してしまうと、何もできなくなってしまいます。ですから、眼精疲労の症状が出てきたと感じたら、できるだけスピーディーにケアをして、症状を緩和することが大切です。

 

眼精疲労を感じたら

眼精疲労を感じたら、すぐに小休憩を取りましょう。症状に「疲労」とある通り、ディスプレイの見過ぎなどで目の周りにある筋肉に疲労物質が蓄積して、その結果頭痛が起きている可能性があります。ですから、目に違和感を感じたら、すぐに10分ほど目を閉じて休息を取りましょう。その後、少し屈伸をしたり、温かいドリンクなどを飲んでリラックスしたりするのも効果的です。また、あまりディスプレイに近寄って作業しないことも大切です。顔とディスプレイの距離を適度に保つことで、作業によって目にかかる負担を軽減することができるでしょう。

 

目の周りを温めよう

目の周りを温めることも眼精疲労のケアとして非常に有効です。固まってしまった筋肉をほぐすために、水分を含ませたタオルを電子レンジなどで温め、目の周りに置いてみましょう。タオルから出る蒸気によって筋肉の緊張がほぐれるだけでなく、血行も良くなるのでリラックスした気分になるはずです。毎日かなりの時間デスクワークで書類やPCの画面を見ているという人は、お昼休みなど少しの空き時間を利用して定期的に温めてあげるようにしましょう。市販のホットアイマスクを活用して片頭痛の予防をしている人も少なくありません。

 

ドライアイは眼精疲労のサイン

眼精疲労の兆候としてドライアイの症状が挙げられます。ドライアイとは、目の表面を覆っている涙の分泌量が不足してしまい、視野が狭くなったり焦点が合わなくなったりする状態のことです。ドライアイになると、瞳のレンズを調整する筋肉や視神経にかかる負担が大きくなるため、ひどい眼精疲労へと繋がることが多いのです。ですから、視野がかすんできたなと思ったら、すぐに目薬をさすようにしましょう。眼科でドライアイ専用の点眼液を処方してもらうのが最善です。市販薬を使う場合には、ビタミンB群およびビタミンCが配合されている目薬を選ぶと良いでしょう。ただし、市販の製品には相当量の防腐剤が入っているものもあるので、ドラッグストアで購入する場合は薬剤師に相談して決めることをおすすめします。

 

目の周りのマッサージ

目の周りをマッサージするというのも眼精疲労および片頭痛対策として有効です。目の上部には「陽白」「魚腰」など、眼精疲労を緩和するつぼがあります。また、その他にも「太陽」や「承泣」といったつぼがあり、これらを優しく刺激することで目の筋肉をほぐして、リラックス効果を得ることができるのです。目の奥が痛くなってきたと感じたら、指の腹を使ってこれらのつぼを押してあげましょう。ただし、眼球に近い部分につぼがあるので、誤って指を入れてしまわないよう注意が必要です。

 

眼精疲労が慢性化している人は生活習慣の見直しをしよう

眼精疲労が慢性化しつつあるという人は、生活習慣の見直しを行いましょう。特に、十分な睡眠時間を確保できているかどうかをチェックするのは大切です。他の臓器や筋肉と同じく、眼精疲労の回復には睡眠による休息が欠かせません。深夜までPCでネットサーフィンをしていたり、就寝直前までベッドの中でスマホを操作していたりすると、目はブルーライトの刺激にさらされ続けることになります。その結果、視神経や目の周りにある筋肉がリラックスする時間は非常にわずかとなってしまいます。ですから、就寝1時間前にはスマホやタブレットなどの使用を止めてゆっくりと過ごすというルーティンへ切り替えることをおすすめします。

 

アントシアニンやビタミンB群も効果的

目の働きを活発化する栄養素を十分に摂取しているかどうかも確認するようにしましょう。ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンは、目の健康維持に効果的であることが知られています。加えて、豚肉などに多く含まれるビタミンB群やビタミンEなども積極的に摂取すると良いでしょう。眼精疲労や片頭痛の起こりにくい体づくりをしていくことが大切です。

 

慢性化する片頭痛の予防薬「インデラル」

片頭痛が慢性化すると、生活に支障が生じる可能性があります。そのため、予防薬として「インデラル」を定期的に服用する人が少なくありません。狭心症などの治療に使用されているこの薬は、β受容体を遮断することで血管の拡張を抑えるという作用があります。片頭痛は多くの場合血管の拡張が原因とされていることから、その症状を予防する効果が確認されており、ヨーロッパを中心として広く活用されています。ぜひインデラルを使ってみたいという人は、通販サイト「コンディション21」に問い合わせてみましょう。サイト内では具体的な効果の他に、用法・用量なども分かりやすく解説されているのでおすすめです。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針