社会不安障害を克服するには~催眠療法と認知行動療法とあるお薬が決め手

社会不安障害を克服するには~催眠療法と認知行動療法とあるお薬が決め手

自分は人前でスピーチをしたり、歌を歌ったりして、脚光を浴びるのが大好きという人は少ないでしょう。誰しも最初は人前で何かをパフォーマンスすることに抵抗を覚えるものです。しかし、人前に出ることを極度に恐れてしまう人は、あがり症、社会不安障害(SAD)かもしれません。

 

社会不安障害の症状

社会不安障害の症状としては、極度の震えや赤面、お腹を下す、声が震えるなどが挙げられます。このような症状は誰でも起こり得るのですが、社会不安障害の人の場合はこの症状が顕著であり、持続する傾向にあるので、早めの対処が必要です。

 

社会不安障害の人の症状は、一昔前までは、性格の問題として片付けられていました。引っ込み思案で臆病だから、声が震えたり、赤面したりするのだと考えられていたのです。そのため、スポ根並みに体罰を加えたり、強い口調で叱ったりすることが正しい対処法だと思われていたのですが、これらの指導は逆効果であり、まずは病気だと認識して、症状を改善していくようにしなければなりません。

 

今でも社会不安障害は認識されにくく、性格の問題として考えられる傾向があるので、社会不安障害の人は人生をエンジョイしにくい傾向にあります。実は才能溢れる人であるかもしれないのに、人前に出るのを恐れるがために、チャンスをふいにしてしまっているのです。社会不安障害と上手に付き合うことができなければ、将来の伴侶に出会うチャンスも無くなるでしょうし、就職活動でも思ったような結果を出すことができません。人生の節目節目で良い結果を出すことができなくなるので、次第に「自分はダメな人間だ」と自分自身にレッテルを貼ってしまい、人生を楽しむことから逃げてしまうのです。挙げ句の果てには、アルコールや過食などに走ってしまい、依存症になってしまったり、うつ病を発症してしまったりします。このような状態になる前に、社会不安障害を克服していかなければなりません。

 

社会不安障害は身近にある病気

社会不安障害は何も特異な病気ではありません。スポットライトの下に立つ芸能人でさえ、社会不安障害であることが多いのです。もう亡くなられましたが、宝塚出身の大スターである越路吹雪さんは、極度の不安障害として有名でした。舞台に立つ前はひどい震えが止まらず、いつもマネージャーさんに、背中に「トラ」という文字を指で書いてもらい、「あなたはトラだから、何も怖いものはない」と言ってもらって、舞台に立っていました。彼女のパフォーマンスは自信に満ち溢れていて、社会不安障害など微塵も感じさせないのですが、実は彼女はずっとこの社会不安障害と戦っていたのです。つまり、社会不安障害であっても、対処法さえマスターしてしまえば、スターになるのも夢ではないのです。生まれ持った才能を開花するためにも、自分は社会不安障害かもと思ったら、まずは病気として認識していきましょう。

 

催眠療法とは?

社会不安障害として認識できたら、催眠療法を試みるのも良いでしょう。催眠療法といっても、何も催眠術を誰かにかけてもらうわけではありません。自分で自分自身に催眠をかけて、苦手な状況や物、人を克服していけば良いのです。前述した越路吹雪さんの例でもわかるように、越路さんはマネージャーさんに「トラ」と催眠をかけられています。優雅でかつ最強のトラだと自分を思い込ませることで、何も恐れるものがなくなるのです。もし人前でスピーチをするのが苦手な人は、スピーチを楽しんでいる自分を想像してみましょう。多くの場合、社会不安障害の人は人前に出る時、「失敗するのではないか」とか「バカにされるのではないか」という不安にかられています。そのようなマイナスイメージを払拭して、自分のスピーチを熱心に聞いてくれる聴衆を想像するのです。「自分最高!」とまで行けば良いのですが、自分がこれから行うことに対して、ポジティブな刷り込みを行うことで、次第に人前が怖くなくなるようにしていきます。

 

認知行動療法とは?

催眠療法の他に、似たもので認知行動療法もあります。これも苦手な状況や物、人を避けるのではなく、徐々に慣れさせていくことで、それらを克服していく方法です。社会不安障害の人は、考え方や物事の受け止め方に癖があります。物事を白か黒でしか捉えることができず、こうでなければならないという考え方が自分を苦しめてしまいます。そのような考え方の癖から脱却するために、苦手な状況などを何度も繰り返すことで、「自分は大丈夫だ」ということを体で理解していくのです。

 

緊張を抑える薬インデラル

催眠療法や認知行動療法などと一緒に薬を内服してみると、より効果を実感しやすくなるでしょう。高血圧や偏頭痛のお薬として知られているインデラルは、社会不安障害の人にも良い効果があることが分かっていて、治療に使われています。インデラルはβ受容体遮断薬であり、心拍数や血圧をコントロールすることができるので、人前に出てドキドキしたり、焦ったり、恐怖感が襲ってきたりするのを和らげてくれます。

 

インデラル通販は、長年の実績で多くの社会不安障害の人をサポートしているコンディション21がおすすめです。是非この機会にお薬を使って、社会不安障害を克服してください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針