これでもう「あがり症」は怖くない!! あがり症克服のコツとβブロッカー「インデラル」の紹介。

これでもう「あがり症」は怖くない!! あがり症克服のコツとβブロッカー「インデラル」の紹介。

人前でスピーチをするとき、緊張して動悸がしたり、冷や汗をかいて上手くしゃべれない、という状態になることはよくあることです。このことを「あがる」と呼び、あがりやすい人を「あがり症」と呼びますが、あがり症は単に性格や精神的問題から起こることではなく、れっきとした身体的原因があることをご存知でしょうか?

 

あがり症とは?

いわゆる「あがり」の状態とは、血液中の神経刺激伝達物質であるノルアドレナリンの値が上昇することで起こる反応です。アドレナリンは脳内にあるノルアドレナリン神経から、緊張や不安を感じた時に活発に分泌されて、交感神経の活性化を促す作用があります。交感神経が刺激されると、心拍数、血圧、体温が急上昇し、これが動悸や発汗などの症状の原因となっています。つまり「あがり」とは精神的な現象ではなく、神経刺激伝達物質によって起こる身体反応であるわけです。

 

あがり症が引き起こす問題とは?

いわゆる「あがり症」は、交感神経が普通の人よりも敏感で、ノルアドレナリンによる刺激の影響がより強く出る人であると言えるでしょう。「あがり」が起きるのは、上述の通り通常の身体反応でしかありません。それは誰にでも起こるものであり、「あがり症」そのものは病気とは言えません。しかし、交感神経が人より敏感すぎて、対人関係に必要以上の不安や恐怖を覚えて社会生活に支障をきたすこともあります。

 

「あがり症」は神経刺激伝達物質による身体反応ですが、その引き金となる(主に対人関係における)緊張や不安は、コミュニケーションのトレーニングを積むことで緩和することが可能です。対人関係における緊張感があがり症を引き起こすわけですから、対人関係におけるコミュニケーション能力を向上させることで、あがり症自体を改善することが可能であるわけです。

 

あがり症の改善策

あがり症改善策として行うトレーニングには「イメージトレーニング」と「リハーサル」があります。

 

イメージトレーニング

「イメージトレーニング」とは、対人関係における実際のシチュエーションを想像し、そのシチュエーションの中でどう立ち振る舞うか、実際に考えて練習してみるトレーニングです。コミュニケーションを取る相手がいないと自分がどう立ち振る舞うべきか悩む、ということであれば、人形やぬいぐるみを相手に見立てて話しかけてみるのも一手です。とにかく、相手に話しかける練習を繰り返すことで、コミュニケーションへの不安感を抑えることができるようになります。

 

リハーサル

「リハーサル」はビジネスにおける「ロールプレイ(役割演技)」と呼ばれる手法と似たものです。家族・友人・同僚に協力してもらい、想定したシチュエーションに基づいてどうコミュニケーションするか、実際にリハーサルしてみるという手法です。リハーサルを繰り返すことでコミュニケーションを取る状況にも慣れ、より本番での成功がしやすくなります。

 

あがり症の人に共通するポイント

「あがり症」の人に共通することとして、「完璧主義の傾向があり、失敗を極度に恐れる」という傾向があげられます。大事なスピーチや会議、他人とのコミュニケーションの場で絶対に失敗したくない。そういう思い込みがより緊張感を高めてしまいます。

 

緊張しやすい人は、いったん深呼吸をして、気持ちを落ち着けるようにしましょう。そして、自分が何を話すべきかを頭の中で考え直し、整理し直してみましょう。言葉の言い間違えでそこまで咎められることはそうそうありませんし、もし間違えてしまったとしても、素直に謝って言い直せば、たいてい誠意が伝わります。

 

また、「緊張してはいけない」という意識があるのなら、その意識も捨てたほうが良いです。大切な場面では大抵の人は大小の差こそあれ、緊張するものです。緊張感は大事な場面に真面目に向かい合っている、一生懸命に取り組んでいる表れであるとも言えます。緊張している自分を受け入れることも重要です。

 

しかし、頭ではわかっていても、「あがり症」を一朝一夕で克服するというのも無理のある話です。大事なプレゼンなどで人前で話さなければいけない機会が直前に迫っている、そんな状況にある場合は薬を使ってみるのも一手です。

 

あがり症の予防薬「インデラル」について

「あがり症」の薬物療法に使用される薬剤として代表的なものが「βブロッカー」(β遮断薬)です。βブロッカーは動悸や震えを抑制する効果のある薬剤で、元来は血圧降下剤として用いられることの多い薬ですが、動悸と震えの抑制効果が強いことから、あがり症にも効果があることが知られています。

 

βブロッカーの中でも代表的な薬剤が「インデラル」です。インデラルは心拍を抑制する作用があり、あがり症の動悸を抑えてくれます。インデラルを使用して動悸を抑制することができれば、自分がそれほど緊張はしていない、という認識も生まれ、人前で話す自信にも繋がるでしょう。

 

インデラルの購入方法

インデラルはネットの通販サイトで購入することが可能です。ネット通販は、24時間好きな時に注文することができ、仕事などの事情で店舗に行かれない人でも手軽に購入することが可能である、という点が大きなメリットと言えます。通販サイトの「コンディション21」なら、長年運用している実績があり、初めての方でも安心して購入できます。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針