【あがり症】緊張しやすい方にお勧めする、心を落ち着かせるヨガの呼吸法

【あがり症】緊張しやすい方にお勧めする、心を落ち着かせるヨガの呼吸法

仕事や学校など、大勢の人前で話をしないといけない時、初めて会う人と話をしないといけない時、大きな仕事でプレゼンテーションがあると行った時などに、いつもあがってしまって普段通りに話せない、手に汗をかいて緊張してしまうという方は、ご自身のことをあがり症だからと思っていることでしょう。失敗した後に悪い結果になってしまうことを強く想像してしまったり、みんなに笑われるんじゃないかと考えてしまったりして、さらに不安が増してしまいます。

 

緊張は誰でもするもの

誰しも大切な場面では多少緊張しますが、いつもいつも緊張してしまって、普段通りできないという方も中にはいます。子供の頃に発表会などがあれば、「人という字をてのひらに3回書いて飲み込みなさい」とか、「目の前にいるお客さんはかぼちゃだと思いなさい」なんて、両親から励まされたかもしれません。そんなことで緊張せずに堂々としていられるなら、悩むことなんてなかったでしょう。では、「緊張したり、パニックになったりしそうな時は、一度大きな深呼吸をしてみなさい」と言われたことはなかったでしょうか?その時の気分はいかがでしたか?深呼吸することで、少し気持ちが落ち着いたという経験がある方もいるのではないでしょうか?

 

緊張している時の身体・リラックスしている時の身体

緊張している時の身体というのは、自律神経の交感神経が優位になっている状態です。交感神経が強く働きすぎると、血圧が上がったり、呼吸が早くなったりして、心も身体も興奮した状態となってしまいます。スポーツをしている時や仕事に集中してやる気満々の時などは、交感神経がある程度優位に働くのは自然なことで、問題はないのですが、過剰に反応しすぎると、動悸がしたり、なんでもない時に汗をかいたり、頭痛がしたり、と心と身体に過剰なストレスがかかってしまいます。

 

逆に、寝る前やリラックスしている時の身体は、副交感神経が優位になっている状態です。血圧が下がり、脈拍数は安定しています。呼吸もゆったりと落ち着き、心も身体もリラックスした状態となるのです。

 

交感神経と副交感神経のバランス

交感神経と副交感神経がうまくバランスが取れていると、ここぞ!という時にやる気が出て頑張りが利きますし、夜寝る前などのリラックスできる時間は心身ともに休むことができるのです。自律神経は人間の意思でコントロールできないため、自律という名前がついています。しかし、呼吸だけは唯一人間の意識で行え、自律神経に作用するのです。人は交感神経優位で興奮状態の時、呼吸が速く、浅くなるのですが、逆に副交感神経優位でリラックスしている時の呼吸は、深くゆっくりとしています。緊張している時に「一度大きく深呼吸をしなさい」と言われていたのは、こうして呼吸を使って心を落ち着かせることができるためです。

 

ヨガの考え方

さらに、ヨガの世界では、呼吸はエネルギーと捉えられています。プラーナと呼ばれる気のエネルギーは、背骨を通って、全身に運ばれていると考えられているのです。身体の右側は太陽のエネルギーが流れ、左側は月のエネルギーが流れている、つまり交感神経優位で興奮状態の時には右の鼻の穴がよく通っており、副交感神経優位でリラックス状態の時には左の鼻の穴がよく通っているのです。一度、ご自身の鼻を片方ずつ閉じて確認してみてください。緊張している時には左の鼻は詰まっていて、寝る前のリラックスしている状態の時には右の鼻が詰まっていることが多いことに気づくでしょう。交感神経と副交感神経は1日のうち、活発な時間帯とリラックスした時間帯でどちらかが優位になるように、行ったり来たりしながらバランスを取っているのです。

 

ヨガの呼吸法

深くゆったりとした深呼吸を繰り返すことで、呼吸のスピードがゆっくりしてくると、気持ちも落ち着いてきます。呼吸のスピードを緩めることで、副交感神経優位の状態にできるからです。深呼吸を繰り返してもあがってどうしようもない時に、左の鼻が詰まっているようであれば、一度右の鼻を閉じて、左の鼻を通すようにイメージし、ゆっくりと呼吸してみましょう。呼吸法を行う時は、立っていても座っていても、できるだけ背筋を伸ばして行うことが大切です。ぜひ試してみてください。呼吸を整えることで、気持ちに余裕を持って人前に出られることでしょう。

 

緊張を抑える薬インデラル

いろいろな方法を試してみたけど全く効果がないという方には、降圧剤として活用されている「インデラル」というβ遮断薬をお勧めします。血圧を下げるお薬「インデラル」は、あがり症、狭心症、偏頭痛の改善などに効果があります。「コンディション21」は血圧や心拍をコントロールするお薬となりますので、用法・用量を守って正しく服用してください。喘息の方にはご使用できませんので、その点もご注意ください。これについては「インデラル(β遮断薬)とは?あがり症、狭心症、片頭痛の治療にも活用されます」で詳しく説明されていますので、ぜひ一度、インデラル通販サイトをご覧いただくようお願いいたします。医薬品となりますが、通販サイト「コンディション21」でもご購入いただけます。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針