あがり症の方にオススメの集中力を高めるトレーニング方法

あがり症の方にオススメの集中力を高めるトレーニング方法

人前で緊張しすぎると、声や手足が震えたり、顔が真っ赤になったり、汗が噴き出したりと、さまざまな症状が出ることがあります。これらの症状はあがり症と呼ばれるますが、「緊張」は決して悪者ではありません。緊張によって集中力や身体的な機能が高まるなど、ふだん以上のパフォーマンスを引き出し、危機に適切に対応できるように備えているのです。ですから、本来、緊張はポジティブな反応です。実際にアスリートやアーティストの多くが、緊張感があった方が良い結果を出せることを実感しています。

 

過度な緊張による悪影響

しかし、必要以上に緊張が高まると、悪影響を及ぼすことがあります。緊張は不安や恐怖を感じたときに起こるもので、自律神経の1つである交感神経が活発に働き、アドレナリンというホルモンが盛んに分泌されます。その結果、全身に「危機が来た!敵に備えろ」という情報が行き渡り、体が反応します。血圧が上昇して心拍数が高くなり、胸がドキドキしたり、筋肉が緊張してぶるぶる震えたりなどの反応が起こるのです。

 

このようなふだんとは明らかに異なる身体反応が生じると、人の目が極度に気になってしまいます。「顔が赤くなって恥ずかしい」「声が震えて、臆病者だと判断されるのではないか」「挙動不審で相手に不快感を与えているのではないか」など、人から自分がどう見られているかが心配になります。

 

緊張はパフォーマンスの低下を引き起こす

人から変に思われるという不安感が緊張を隠そうとする心理を作り出し、さらに緊張感を強めます。その結果、思うようなパフォーマンスが発揮できなくなることが多いのです。

 

こうした失敗を体験すると、次に同じような状況に直面したときに、過去の失敗の記憶がよみがえり、「また同じ失敗をするのではないか…」と恐怖を感じます。そうすると、より一層緊張感が高まり、それに伴って体の反応も強くなります。その繰り返しで、過度な緊張状態を作り出す悪循環が生まれるのです。

 

悪循環を断ち切るために必要なこと

このような悪循環を断ち切ることが、あがり症克服のポイントとなります。悪循環を作る元となっているのが「人から自分がどう見られているか」という不安感です。あがり症は「人から自分がどう見られているか」に集中しがちな意識を他のことに向けるよう、トレーニングすることで克服できます。

 

緊張を放っておくことが大切

そのために基本的な心構えとして重要なのが、無理に緊張感を抑えようとしないことです。緊張感を抑制しようとすると、却って緊張感を意識することになるので逆効果です。人前で話すときや重要な面談では、誰もが緊張します。「緊張」は自然な体の反応ですから、解消しようと努力する必要はありません。そのまま放っておいても大丈夫です。そのままの状態にしておくと、人はやがてそれを忘れてしまいます。あがり症を克服するためのトレーニングの第一歩は「緊張を放っておく」ようにすることです。

 

集中力を高めるためのトレーニング

緊張を放っておくことを覚えたら、次に「緊張」を集中力を高めるための味方にするトレーニングに取り組みましょう。ほどよい緊張は、より良いパフォーマンスを引き出してくれます。このような状態を「ゾーンに入る」などと言いますが、緊張感はゾーンに入るための必要条件であることを理解してください。ある程度の訓練をすることで、誰もがゾーンに入ることができます。

 

最もオススメの訓練法は、呼吸を整えることです。緊張状態やリラックス状態といった体の状態を作り出しているのは、自律神経です。人は自律神経によって体温や心拍数、呼吸、発汗、内臓の動きなど、体の様々な機能をコントロールしていますが、これらは自分の意志でどうにかなるものではありません。自分の意志に関係なく心臓は動きますし、汗をかきます。しかし、これらの機能の中で、たった1つだけ自分で自由にできるものがあります。それが呼吸です。

 

緊張状態に陥ると呼吸が浅くなりますが、腹式呼吸で深く息を吸ったり吐いたりすると、緊張を和らげることができます。緊張時には交感神経という自律神経が活発に働くのですが、お腹からゆっくりと深く呼吸をすると交感神経の働きが静まり、リラックスした状態へ導いてくれます。ふだんから腹式呼吸のトレーニングを行って、緊張時にもお腹で深く呼吸ができる状態を保てるようにしましょう。

 

自己暗示をかけるトレーニング

腹式呼吸を身につけると同時に、緊張を感じたときに集中力を高められるように自己暗示をかけるトレーニングも行いましょう。例えば、イチロー選手が打席に立ったとき、いつも行っている膝の屈伸運動やピッチャーに向かってバットを立てるなどのルーティンも、緊張感を最高のパフォーマンスへとつなげる一種の自己暗示と言えるでしょう。このような自分独自のルーティンを行うことで、自己暗示をかけているアスリートやアーティストは数多く存在します。あなたも自分なりのルーティンを作り出して、ポジティブな自己暗示として、緊張を能力を発揮するためのトリガーに変えてみませんか?

 

あがり症を抑える薬インデラル

しかし、このトレーニングはある程度の持続しなければ、思うような結果は得られないでしょう。仕事などですぐにあがり症を克服して結果を出したい場合は、安全性の高い医薬品として信頼されているインデラルの服用がおすすめです。インデラル通販に長年の実績があり、口コミでも高く評価されているWEBショップ「コンディション21」でも販売されています。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針