成功体験を積み重ねて、あがり症を克服しよう

成功体験を積み重ねて、あがり症を克服しよう

あがり症対策は、緊張とどううまく付き合うかにかかっていると言えるでしょう。人前で極端にあがってしまい、手足や声が震える、頭の中が混乱して何を言えばいいのかわからなくなってしまう、といった問題を抱えてしまうのがあがり症です。

 

あがり症によるトラブル

厄介なのは、一度問題を抱えてしまうと、どんどん悪循環に陥ってしまう恐れがあることです。一度人前であがって失敗してしまうと、それがトラウマになって、二度と失敗しないようにと極端に警戒するようになってしまいます。その極端な警戒がますます緊張を高め、過剰な意識を生み出してしまい、人前に立った時にますます緊張をもたらしてしまうのです。この悪循環を解消できないと、最終的に対人恐怖症など、より深刻な悩みを抱えてしまうことにもなります。

 

人前で緊張せずに振る舞うことができる人はごくわずか、ほとんどすべての人は緊張し、その緊張とうまく付き合いながら自分の意見を発表したり、適切な振る舞いを心がけています。多くの人たちの前で堂々と振る舞っているように見える人、いつもプレゼンで素晴らしい成果を上げている人も、その裏では過度な緊張を克服し、うまく付き合うためのいろいろな対策や準備を行っているものです。

 

緊張と付き合う方法

では、あがり症の人や人前でうまく振る舞うのが難しい人は、どうやって緊張とつきあえばよいのでしょうか?あがり症や緊張しやすい人がプレゼンで失敗するケースでは、途中で参加者から質問や疑問点を挙げられた時にどう答えたらいいのか、異論に対してどう自分の意見を正当化すればいいのかを過剰に考えすぎた結果、混乱状態に陥ってしまうパターンが多く見られます。とっさに、しかも限られた時間内に、求められる答えや意見を考え出されなければ…と意識すればするほど、緊張をコントロールすることができなくなってしまうのです。

 

プレゼンに完璧を求めすぎない

プレゼンと言っても、何から何まで完璧に用意し、質問や異論に対して適切な答えを返す必要はありません。あくまでひとつの提案なのですが、他人の意見・異論に過剰に振り回されないように心がけましょう。もちろん、他の人の意見を完全にスルーするのはよくありませんが、あくまで用意した自分の意見・提案をしっかり表現することを最優先しましょう。うまく答えられそうにないなと思ったら、「それはこれからわれわれ全員で解決策を考えてみましょう」など、いい意味での「逃げ」を打てるような対応を身につけたいところです。

 

呼吸を意識しよう

また、人前で話すと声が震えてしまう時には、呼吸を意識しましょう。過度に緊張している人は、無意識のうちに呼吸が浅くなっています。しっかり深く呼吸できない状態で声を出そうとすると、か細く、震える声になってしまいがちです。声が震えそうだなと思ったら、大きくひとつ、深い呼吸を心がけてみましょう。深呼吸はリラックスする方法としてよく用いられていますが、このように乱れてしまった呼吸を整えるのにも役立つのです。

 

成功体験を積み重ねよう

こうした対策・準備を行ったうえで、成功体験を積み重ねていきましょう。先程挙げた悪循環は、成功体験によってひっくり返すこともできます。一度、人前で乗り切ることができれば「自分にもできる」と手応えを得ることができますし、心の余裕が生まれます。そうなれば、過度な緊張をコントロールすることができるようになり、それが現場で生きれば新しい成功体験をもたらしてくれます。このような好循環をいかにうまく生み出すことができるか、これがあがり症対策の鍵といってもよいでしょう。

 

あがり症の対策方法

そのための対策として、おすすめの方法が2つあります。ひとつは、プレッシャーが少ない環境から成功体験を積み重ねていくことです。最初は親しい友人や同僚を相手に、話す機会を作ってみましょう。プレゼンなどの大事な機会である必要はありません。それこそ合コンや飲み会でトークをしたり、司会進行をしたり、気軽な場で大丈夫です。こうした環境で人前でうまく振る舞う経験を積み重ねていくことで、大事な場面でもうまく振る舞えるようになるでしょう。

 

もうひとつは薬剤の使用です。薬の作用で体に内面から過度な緊張状態を抑えるのです。人間は緊張すると心拍数が増加し、血圧も上昇して、呼吸が浅くなるといった症状が起こります。それが声や手足の震え、動悸がもたらす心への圧迫といった問題も引き起こしてしまいます。それを薬剤で抑えてしまおうというわけです。

 

インデラルについて

そんなあがり症向けの薬剤として広く使用されているのがインデラルです。β遮断薬に分類される薬で、体内でβ受容体の働きを遮断することで、心拍数や血圧を抑える作用を発揮します。もともと高血圧や狭

心症、頻脈性不整脈の治療などに用いられているものですが、あがり症対策にも効果が期待できるのです。

 

先述した対策では思ったように人前でうまく振る舞えない方は、このインデラルで緊張を落ち着かせたうえで臨んでみましょう。薬剤の力を借りた成功体験であっても、それを続けていれば自信と手応えを得ることができるようになります。そして、この手応えが過度な緊張をコントロールできるようになり、好循環を生み出すことで、最終的にはインデラルなしでも人前であがらなくなる状況をもたらしてくれるでしょう。

 

インデラルを購入できるサイト

インデラルの購入は個人輸入代行業者からがおすすめです。コンディション21というサイトではインデラルのジェネリック医薬品がラインナップされているので安価で購入することができますし、すでに個人輸入代行業者としての豊富な実績もあるので安心です。成功体験を通して緊張とうまく付き合っていくための一つの選択肢としてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針