スピーチが得意な人に共通すること

スピーチが得意な人に共通すること

YouTubeなどのインターネット動画サイトでも見られる、TEDという有名な番組があります。毎回、一流の選ばれた人たちがスピーチを行う番組で、経済界やアカデミック界での将来の活躍を期待している層や、英語を勉強している層などから絶大な支持を受けています。過去に有名なスピーチを行った人たちは数多くいますが、TEDで登壇する人たちは、メディアで頻繁に見かける人に限らず、一般的にはあまり有名ではないけれども、その道では一流の専門家も含まれています。ただいずれも共通していることは、選ばれた誰もがユーモアにあふれた語りで聴衆を飽きさせず、心に一石を投じる素晴らしいスピーチをしている点です。そうしたスピーチで聴衆を魅了できる人たちの誰もが持っている共通点に注目してみると、スピーチの上手な人の資質が見えてきます。

 

一言目から聴衆を惹き込む

TEDの番組内でもそうですが、登壇するスピーカーたちは聴衆の意をくんだ主催者によって選ばれますので、その時点で聴衆が話を聞きたい人たちであることは間違いありません。そういうことであれば、望まれてスピーチをするわけですからハードルは高くないはずです。聴衆が始めから聞く姿勢でいてくれれば、話しやすいと予想されます。しかし、一流のスピーチメーカーである登壇者は、その雰囲気に甘んじることはありません。むしろ、そうした聴衆の予想を超える、はるか上のレベルから語り始めます。スピーチの第一声の言葉は、特に印象に残ります。それを一流の話者はよく知っているのです。登壇する際はひと際大きな拍手で迎えられる話者は、その拍手が収まるのをゆっくりと待ちます。決して慌てません。話者によっては、さらに大げさなほどの間をあけて、何を言い出すんだろうという聴衆の関心を最大限まで高めます。そうして、スピーチの中でも核心の部分に当たる結論を惜しげもなく切り出すと、聴衆からはどよめきにも似たリアクションが返ってくるのです。その後は、その最高にまで盛り上がった興奮を冷ましながら、その結論の具体的な内容を説明するようにスピーチを行うわけですね。聴衆は最初の一言目から、スピーチに引き込まれているのです。こうした一瞬で聴衆の関心を引く事ができるスピーチの内容と演出は、スピーチのうまい人が共通して持っている資質です。

 

聴衆を巻き込む

スピーチの上手な人は天才だから、何の努力もせずに聴衆の心をつかむスピーチを行えるのでしょうか?答えは否です。なぜなら、歴史的なスピーチやプレゼンを行った人たちこそ、何よりも準備に莫大な労力と時間を使っていることが知られているからです。スピーチのテクニックとして、時に「あなたならどう考えますか?」と聴衆に問いかけることがあります。もし自分だったらどう考えるだろうか?と一人一人がそれぞれ自問しているならば、既に話者と一体化した聴衆にとって、そのスピーチを他人事のように無関心に振る舞うことは難しくなっています。

 

スピーチの構成を入念に準備

冒頭でのつかみとなるインパクトのある結論の提示や、こうした聴衆が自ら考えながらスピーチの内容にコミットする雰囲気作りも、実はスピーチを行うに当たって周到に準備がなされているから可能なのです。スピーチが素晴らしかった場合、その多くの場合において聴衆がため息をついてしまうことは、あまりにも登壇者のスピーチがさらっと自然体で語られている雰囲気にあると思われます。しかし、一個人の人間として、膨大な量の情報を全て頭に入れ、一瞬で聴衆の心をわしづかみにし、最適なタイミングで心に残るフレーズを言う事が果たして可能なものでしょうか?過去の素晴らしいスピーチは、後に周囲の人たちから、その実情が公にされた例もあります。シナリオライターも含めたメンバーで構成されたチームとして、一週間以上の濃密な時間を準備に当てていたという証言などもでてきました。しかし、それがより自然なことであり、スピーチの成功は9割がた準備で決まると言われるゆえんです。

 

あがり症でスピーチが苦手な方はインデラルを使用する方法も

スピーチに臨む上では、事前準備と練習を行うことにより、その成功する確率は必ず高まります。しかし、そうした努力だけでは乗り越えられない壁も存在します。それが精神的な理由であることは言うまでもありません。もともと、人前で話すことが苦手であったり、声が小さく自信もないため、力強いスピーチを行えないと悩んでいたりする人も多いでしょう。その場合は、もちろん小手先の対策ではなく、しっかりと準備を行うことには何も変わりはありません。そして、その先天的な性格の部分の対策には、あがり症の克服に役立つインデラルと呼ばれる医薬品の服用が有効な場合もあります。そうした悩みは意外と多く、わらにもすがる気持ちで服用したいという層も数多く存在していますが、決して悪いことではなく、むしろ合理的でさえあります。日本では手に入りにくいインデラルを購入するには、個人輸入という形式で購入を代行するインデラル通販サイト「コンディション21」がお勧めです。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針