あがり症は性格だけじゃない!あがり症とその対策について

あがり症は性格だけじゃない!あがり症とその対策について

人前でなにかパフォーマンスをするときに、心臓が異常なほどドキドキしたり、緊張して言葉が出なくなったり、変な汗をかいてしまう人は、もしかしたらあがり症かもしれません。

 

あがり症は精神疾患の1つ

あがり症は、よく緊張してしまう人の性格を示す言葉として使用されることが多いですが、精神疾患の1つを示す民間名称でもあります。あがり症を医学的名称に言い換えると、社交不安障害の中のパフォーマンス限局型社交不安症という名称となり、れっきとした精神疾患の1つです。この社会不安障害は、うつ病やアルコール依存症に続いて、3番目に多い精神疾患となっています。

 

早めに専門機関に相談しよう

精神疾患としてのあがり症は、人前で何かしなければならない状態に陥ったときに、強い緊張感や不安感を引き起こします。この症状が慢性化してしまうと、人と1対1で会話することや目を合わせることにも抵抗感が出てしまい、社会的に人との交わりを拒絶するようになってしまいます。そうならないためにも、あがり症は性格として安易に考えるのではなく、専門機関に相談することが大切です。

 

緊張が起こるキッカケは様々

一言にあがり症と言っても、不安になったり、緊張してしまうきっかけとなる内容は人それぞれ異なります。大勢の前で話すときに緊張してしまう人はよく聞く例の1つですが、中には電話をするときに発症する人、周囲に人がいるだけで発症する人などの極端な例もあります。私達は緊張すると、自律神経の1つである交感神経を刺激する、ノルアドレナリンというホルモンの血中濃度が高まります。ノルアドレナリンは興奮作用のあるホルモンなので、心拍数や血圧などが上昇し、発汗や動悸を引き起こします。あがり症は、この交感神経の働きが通常より敏感な人に多く見られる症状です。

 

あがり症の場合、単純に同じ緊張の経験を重ねても慣れることはない

緊張は誰もが経験したことのある状態です。あがり症ではない人は、自然とすぐに興奮した交感神経を落ち着かせることができ、同じ状況を繰り返すことで慣れていくことができますが、あがり症の人はそれができません。自律神経は無意識のうちに外部刺激によって反応してしまいます。あがり症の人は、人前に出ると緊張してしまうという状態が条件反射として癖づいてしまっているため、何度同じ状況を経験しても慣れることはありません。

 

あがり症を克服する方法

練習をかさねる

あがり症を克服するためにはいくつか方法があります。1つ目は、とにかく練習するという方法です。あがり症を悪化させる原因のほとんどは、緊張した結果、パフォーマンスがうまく行かず、恥ずかしい思いをしてしまった経験の積み重ねにあるとされています。そのため、脳内に溜め込まれた失敗や羞恥の記憶を、成功例で塗り替えることが有効になります。家族や友人など、心を許せる人達の前で練習をし、好意的な評価をたくさんもらうことで、人前に出ると失敗するというストレスの記憶を薄れさせましょう。

 

人前に立つ前に身体を温める

2つ目は、人前でパフォーマンスをする30分前くらいに身体を温めるという方法です。前述のとおり、緊張する原因は、交感神経が優位になったことにより分泌されるノルアドレナリンというホルモンです。そのため、いかにして交感神経の働きを抑えるかということがポイントになってきます。身体を温めると、副交感神経という自律神経が優位になります。この副交感神経は身体をリラックスさせる働きが優位になったときに活性化するため、本番前の緊張を一時的に和らげることができます。温かい飲み物を飲んだり、首の周りを温めるのが効果的です。

 

緊張を緩和する薬を使用する

そして、3つ目は薬です。あがり症に有効とされている薬の1つに、インデラルというものがあります。インデラルはβ遮断薬という、高血圧や狭心症の治療などに用いられる薬で、心拍数の増加を抑え、血圧を下げる効果があります。そのため、あがり症で激しい動悸や身体の震えなどが起きてしまう人に有効です。通販のコンディション21で購入できます。長期的に服用することによって症状の改善を促す薬のため、使用する際には用法用量などを正しく守って使用するようにしましょう。また、インデラルは片頭痛の予防薬としても期待されている薬です。緊張に頭痛を伴う場合などにも1度試してみることをおすすめします。

 

あがり症は病気だと認識してしっかり治療しよう

あがり症は単なる性格の1つだと認識してしまうと、とても危険な状態を引き起こしてしまいます。なぜならば、あがり症による強い不安や緊張感により、うつ病に発展しまう可能性があるからです。何をストレスに感じるのかは人によってそれぞれ異なりますが、たかがあがり症と思って放置してしまうと、取り返しのつかない状態まで落ちてしまうかもしれません。少しでもあがり症の症状に心当たりのある人は、専門の医療機関などに相談してみましょう。そして、周りにあがり症の人がいるならば、緊張してしまうことを責めるのではなく、温かく見守る姿勢を心掛けてください。不用意に刺激すると、その人の社会性を奪ってしまうことになりかねません。あがり症は精神疾患かもしれないという認識を常に忘れないようにすることが大切です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針