大事な面接や商談に平常心で挑む。その場でできるオススメのリラックス法

大事な面接や商談に平常心で挑む。その場でできるオススメのリラックス法

大切な面接や商談では、なかなか平常心が保てないものです。さまざまな質問に答えなければなりませんし、面接でも商談でも、自分の伝えたいことを相手にわかりやすくアピールする必要があるからです。

また、成功させようという気持ちが強ければ強いほど、それが焦りとなって過度な緊張にもつながってしまいます。

では、こうした大事な面接や商談に臨む際に平常心を保つために、どのような方法でリラックスすればよいのでしょうか。

面接や商談の当日や、その最中ではなく、その前日にできることから考えましょう。

 

緊張しやすい人にオススメのリラックス方法

体を温めてから布団に入る

翌日が大切な面接や商談だと、緊張してなかなか眠れないのではないでしょうか。そういう時におすすめなのが、体を温めてから布団に入ることです。そうすることで副交感神経が優位に働いて、体はリラックスモードになり、ぐっすり眠りやすくなります。

体を温めるのにおすすめなのが入浴ですが、この時、熱すぎるお湯には注意してください。熱いお風呂だと、逆に自立神経が刺激されてしまい、脳が興奮状態になってしまいます。少しぬるいぐらいのお風呂で、長めにつかるようにしてみましょう。

 

また、入浴時には時間をかけてシャンプーをするのもおすすめです。その際、手の指でじっくり頭皮をマッサージしながらシャンプーするとよいでしょう。頭皮の血流がよくなり、心なしか頭がすっきりと冴えます。シャンプーでなくてもよいですが、お風呂の中で時間をかけてマッサージすることによって、心身ともにリラックスし、スムーズに入眠できるのです。

 

深呼吸

前日にいくら対策しても、いざ面接や商談に臨むとやはりどうしても緊張してしまうという人は少なくないでしょう。そこでまず、面接中や商談中ではなく、その前の待っている時間にできることから紹介します。

簡単ですが効果が高いのが深呼吸です。呼吸と一口にいっても、実は大きく分けて2種類の方法があります。その2種類とは腹式呼吸と胸式呼吸です。このうち腹式呼吸が深呼吸と一般的に呼ばれる種類の呼吸です。

 

いろんなやり方がありますが、面接を前にしてもやりやすいのは、鼻からゆっくり息を吸い込み、吸い込んだのと同じぐらいの時間息を止めて、また同じ時間ぐらいかけてゆっくり息を吐き出す方法です。5秒かけて吸い、5秒止め、5秒かけて吐くぐらいのサイクルがよいでしょう。

 

この深呼吸を一回やり、次は普通の呼吸を一回します。そして、また深呼吸をやるというふうに繰り返すのがコツです。深呼吸と普通の呼吸を繰り返しているうちに、徐々に緊張が緩和し、リラックスできるようになります。

緊張した時には手のひらに「人」という字を書いて飲むとよいなどといわれますが、これはあくまでおまじないです。人によっては効果があるかもしれませんが、つらいほどの緊張で悩んでいる方におそらく効果はないでしょう。

それよりも、全身を使って身体全体でリラックスすることを心がけてください。一番いいのが思いっきり背伸びをしたり体をぐるぐる回したりする運動ですが、すでに面接や商談のために入室して静かに待っている状態では難しいです。

 

エコノミー症候群の予防体操

そこでおすすめなのが、エコノミー症候群の予防体操があります。これは、座った状態で足首を支点に、つま先を持ち上げたり、指でグーを作るように結んだり開いたり、また、足首をグルグル回したりする体操です。足の血行をよくするための体操ですが、緊張感も和らぎます。これから商談というその寸前までできますので、機会があれば試してみてください。

 

面接や商談の最中にいろんなことを質問されて、緊張でパニックになりそうな時にでもできる方法があります。しかも、手だけで簡単にできる方法ですので、ぜひ試してみましょう。

 

やり方は非常にシンプルです。親指を手のひらの中に入れ、ギュッと力を入れて握りしめます。しばらく力を入れて握りしめた後に、急に全部の力を抜いてリラックスします。この繰り返しです。簡単な方法ですが、筋肉の緊張と緩和を繰り返すことによって、自律神経の乱れを防ぎ、心身がリラックスする効果が期待できます。これなら、面接や商談相手と話している最中でも、相手に気づかれないようにできますので、次にそういう場面で緊張した時にはこっそり試してみてください。

 

話すことばかりに夢中になるより、ほかのことに意識を向けることで、少し自分を客観的に眺められるようになります。そういう意味でも緊張対策としておすすめです。

 

イメージトレーニング

慣れるまでに時間はかかりますが、緊張した時に好きなイメージを具体的に視覚化できるようになると、簡単にリラックスできるようになります。たとえば、山や海など自然の中でゆっくり過ごしている状態をイメージしてみてください。リラックスして落ち着けているのではないでしょうか。その状況をなるべくリアルにイメージします。これを繰り返すことによって脳の部位が活性化されて、あたかも本当にその場にいるかのように、イメージのみでリラックスできるようになるのです。

 

すぐには難しいですが、毎日寝る前などイメージトレーニングしてから寝るように習慣づけるとよいでしょう。やがて、面接や商談など緊張する場面でも、自由にリラックスするイメージを描けるようになるでしょう。

以上の方法は面接や商談だけでなく、さまざまな場面で役立ちますので、ぜひ試してみてください。

 

緊張を抑える薬インデラルについて

しかし、緊張が強すぎて身体的な症状に困っている方もいるはずです。そんな方におすすめなのが「コンディション21」です。薬の一種ですが、緊張緩和にも役立ちます。個人でも「コンディション21」という通販サイトで購入できますので、気軽に試してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針