効果的なプレゼンをするために

効果的なプレゼンをするために

ビジネスシーンや学校生活において、プレゼンやスピーチを上手に行うことは仕事の成功や学校での良い成績に大きく寄与します。では、上手にプレゼンやスピーチを行うためにはどんなことを心がければ良いのでしょうか。

 

プレゼンの効果的な準備

シンプルな内容にする

内容を準備する際にまず心がけることは、わかりやすいシンプルな内容にするということです。聞いていてつまらないと感じるプレゼンの多くは、内容にまとまりのないものです。まとまりがないプレゼンの多くは論理性にも欠けています。論点がころころ変わったり、論点が多すぎて複雑になっていたりします。そのため、何を言いたいのかよくわからないプレゼンになってしまいます。また、内容が単調なものも聴衆にとってはつまらないプレゼンになってしまいます。扱う内容が情報の薄いものだったり、余計な言い回しが多く回りくどいプレゼンだったりすると効果的とは言えません。

 

聴衆の興味をひく

そして、聴衆の興味を引くことにも注意しなければなりません。聴衆が聞きたいと思うような内容であることはもちろん、話の出だしから興味を引くような工夫ができていると良いでしょう。それには聴衆に密着した話題やユーモアを交えた小話などを準備しておくことも大切です。

 

しかし、論理的でかつユーモアのあふれた内容にするにはどのように準備すれば良いのでしょうか。もちろん、もともとの能力や経験の数などが大きく影響しますが、プレゼンやスピーチには基本となる構成がいくつかあります。慣れるまではこれらの基本的な構成で話を準備し、それぞれの特性に通じることが大切です。

 

プレゼンやスピーチの基本構成

プレゼンやスピーチの基本的な構成に三部構成と呼ばれるものがあります。文字通り、三つの部分から成り立つスピーチです。この三つとは、序論、本論、そして結論です。

 

序論

序論の部分では聴衆の興味を誘うことに重きを置きます。最近のニュースや聴衆が興味を持っていそうなことを話題にできます。余裕があるならユーモアを交えることもできますが、失敗すると逆に空気が重くなってしまい続く本論への導入が難しくなるため注意しましょう。聴衆が興味を持っていそうなことは、どんな人が聴衆にいるのか、性別や年齢、職業などの背景をもとに事前に調査しておくことが大切です。

 

本論

次に本論ですが、本論がスピーチやプレゼンにおいては最も重要な部分になります。本論で一番伝えたいことが何なのかをプレゼンをする人自身がしっかりと理解しておくことが大切です。そして、一番伝えたいことに説得力をもたせるために様々な補強情報を含めることができます。しかし、補強情報を多くしすぎたり、不必要な言葉を増やしたり、ただ笑いを取るためだけのユーモアを交えると、要点がぼやけてしまうので注意しましょう。

 

結論

そして最後に結論です。結論の部分では全体の要約を行うと同時に、本論で強調した一番伝えたいことを銘記させます。

 

基本構成で整理して話そう

スピーチやプレゼンでの基本的な三部構成はこのようになっていますが、この構成を応用していろいろな形に展開することもできます。
例えば、最初に結論で述べるような要点を説明し、その後、そのことを裏付ける情報を提供するような方法もあります。プレゼンやスピーチに関してはいろいろなサイトや本でテクニックが紹介されているので参考にすることができます。しかし、スポーツなども同じことが言えますが、基本を習得することが一番大切なことになります。プレゼンやスピーチも、まずは基本的なことをきちんと身に着けましょう。場数を踏んで慣れてきたら、いろいろな新しいことに挑戦できるかもしれません。

 

大きな声でゆっくりと話すのが基本

スピーチやプレゼンにおいて、話す内容と同じくらい大切なのが話し方です。同じ話をしていても、芸人さんが話すとおもしろいのに、素人が話すと全然おもしろくないということがあります。同じように、話し方ひとつでプレゼンの効果も大きく変わってきます。
良い話し方にも基本となる事柄があります。一番大切なのは大きな声でゆっくりと話すことです。どんなに良い内容であっても、聴衆が聞き取れていないのであれば全く意味を成しません。それで、スピーチやプレゼンをする時には十分な声量ではきはきと話すようにしましょう。

 

間も大切にしよう

単調な話になってしまうことを避けるためには「間」の取り方が重要です。しかし間の取り方はとても難しいテクニックです。特に緊張していると、間を置くのが怖くなり早口になってしまう傾向があります。慣れが大切ですが、練習の時から間を意識しておくと良いでしょう。自分ではわかりづらいため、誰かに聞いてもらったり録音してみたりすると良いかもしれません。
他にも、ジェスチャーをつけたり、聴衆との視覚による接触を持つこともプレゼンやスピーチを活き活きとしたものとするのに役立ちます。

 

あがり症の改善にインデラル

話し方はとても重要ですが、緊張してしまうこともあるでしょう。たくさん練習することはひとつの解決法ですが、どんなに練習してもあがってしまう場合にはインデラルなどの薬を服用してみるのも良いかもしれません。コンディション21などの通販サイトで手に入れることができます。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針