上手にプレゼンするためにできる準備と効果のある医薬品

上手にプレゼンするためにできる準備と効果のある医薬品

ビジネスパーソンにとって、良いプレゼンが行えるかどうかはとても重要です。では、良いプレゼンを行うためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

プレゼンのテーマとゴールを明確にしよう

良いプレゼンを行うために、まず一番大切なのは内容です。企画や製品そのものの内容だけではなく、企画や製品を説明する話全体の内容のことです。そのため、プレゼンの目的をしっかりと押さえておくことが大切です。モノを売りたいのか、契約をしてほしいのか、興味を引きたいのか、その目的によって、話の持っていき方が大きく異なってきます。例えば、モノを売りたい、契約を成立させたい場合は、聞き手の心から納得や同意を得て、行動を起こさせることが目的になるのに対し、興味を引くことが目的となるのであれば、疑問を持たせてもっと知りたいと思うあたりで終わりにする、というように変わってきます。それで、プレゼンを準備する時にはまず目的、つまりゴールを設定することが非常に大切になるわけです。

 

聞き手のことを意識しよう

次に考えなければならないのは、聞き手のことです。同じ会社内の人にプレゼンするのか、取引先のお客様にプレゼンするのか、もしくは全く見知らぬ人にプレゼンするのかによって、内容も異なってきます。自分が行おうとしているプレゼンを聞く人たちがどのような人なのかをよく考えておくことが必要です。もちろん、全ての人が同じわけではないので、聞き手の大多数がどんな背景を持っているのか、性別、年齢層、関心、学歴や職歴、さらには趣味なども考えておくことによって、注意を引き付けるプレゼンを展開していくことができるでしょう。

 

聞き手の興味があることを中心に話す

聞き手のことを優先する考え方には、基本的に3つの方法があります。1つ目は聞き手の興味があることを中心に話す、ということです。すでに知っていることをくどくど話すならば自然と興味や注意力は薄れていきますし、自分と関係のない事柄を話されても結果は同じです。聞き手が知りたいと思っていることが何なのかをよく調べておき、質問するような対話形式でプレゼンしていくならば、一方的な説明をするプレゼンよりも聞き手の注意を引き付けておくことができるでしょう。

 

聞き手の理解力を考える

聞き手のことを優先する考え方の2つ目は、聞き手の理解力を考えるということです。同じ社内の人間と全く見知らぬお客様とでは、製品や企画の説明において、持っている知識が全く異なってきます。自分の良く知らない言葉をたくさん使って説明されると、話についていけないために興味が薄れてしまうだけでなく、不親切な人だとか、知識をひけらかしている嫌味な人といった悪い印象を与えかねません。聞き手の理解力をよく考えて言葉を選び、たとえ話や画像、動画を使うことを検討するならば、良いプレゼンを行うことができるでしょう。

 

聞き手に心地よい雰囲気を作り出す

聞き手のことを優先する考え方の3つ目は、聞き手に心地よい雰囲気を作り出す、ということです。聞き手はどんな雰囲気を好むでしょうか。会社内の上司にプレゼンする場合、その上司はまじめで理路整然としたものを好むでしょうか。それとも、フランクでユーモアがあるものを好むでしょうか。取引先のお客様にプレゼンする場合も同様です。お客様はジョークの交えた楽しいものを好まれるでしょうか。それとも、要点だけを確実に伝えるシンプルなものが好きでしょうか。好みがわからない全く見知らぬ人へのプレゼンは、最初の数分が肝心です。共通の話題を持ち出すなどして打ち解けた雰囲気を作り、親近感を抱いてもらえるかが成功するかどうかに大きく影響してきます。いずれにしても、聞き手が好む良い雰囲気を作り出すことで、プレゼンの受け入れ方が大きく変わってきます。

 

たくさん練習しよう

このように、プレゼンやスピーチの準備をしたならば、あとはたくさん練習をしましょう。全てを細かく書いた原稿を朗読するような練習ではなく、要点を押さえながら、自然に話すことができるように練習します。絶対に間違ってはいけない、とても重要な部分に関しては詳しく記載しておき、間違わずにスラスラと読めるように練習しておきます。声の強弱やスピードなどの抑揚のつけ方は、何度も声に出して練習しましょう。自分が思っているような抑揚ができているかどうかは、誰かに聞いてもらうことが一番良い方法です。それが難しいならば、録音して自分で聞いてチェックしましょう。抑揚には表情やジェスチャーも含まれますので、鏡を見ながら練習したり、音声だけでなく動画を撮ったりするのも良い方法です。

 

あがり症を抑える医薬品

しっかりと時間をかけて準備や練習しても、どうしても緊張してしまう場合があります。場数を踏んで慣れていくことが大切ですが、どうしても失敗できない時や慣れるまでの間は、医薬品に頼ることも一つの方法です。例えば、インデラルという薬はあがり症に効果があるとされています。コンディション21などの信頼できる個人輸入代行サイトなどで比較的容易に入手できます。実際に服用しなくても、そのような薬を持っているだけでも安心感につながり、落ち着いてプレゼンできるかもしれません。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針