新しい環境に馴染むためには。緊張を抑えるコツ。

新しい環境に馴染むためには。緊張を抑えるコツ。

現在、日本では新型コロナウィルスによる影響が続いています。自粛なども定期的に行われ、経営を悪化させる企業も少なくありません。そのような状況のなか、転職や職場の事業転換などにより、環境の変化を余儀なくされる方も増えています。入社試験や新たな上司や同僚との関係性など不安に感じる方も多いのではないでしょうか。そういった不安は、原因と対処法を知ることで軽減することが可能です。

 

人間が不安を感じる理由と種類

人間が不安を感じる際には理由があります。理由は、個人によって違いはありますが、まずはこの理由を把握することが大切です。やみくもに解決しようとしても理由や原因が分からなければ、解決する方法も分かりません。人間はどのようなときに不安に感じるかを知ることから始めましょう。

 

未知のものに対する不安

人間が不安や恐怖を感じる理由で、よく取り上げられるものが、未知のものに対する不安です。知らないことに対しては、想定することも困難なことが多く、そういった場合に人間は恐怖を感じやすいとされています。転職や職場の環境が変わるときなどは、新しい上司もどのような人か分からず、どのような流れで仕事が進んでいくかも分かりません。このような、分からないということに対して不安を感じます。

 

苦手な意識を持っていることに対して

苦手な意識を持っていることに対しても、不安を感じやすいと言われています。苦手ということは、すでにうまくいかなかった体験をしているため、同じようなシチュエーションになると、失敗してしまうのではないかと不安になるのは当然のことです。話が苦手な人であれば、新しい職場になった際に、同僚とうまく話すことができるかなど悩むことは多いでしょう。苦手な事柄については、個人によって違うため、自分は何が苦手なのかを把握しておくことが重要です。

 

緊張すると起こる症状

人間は、不安や恐怖を感じると緊張してしまいます。緊張すると、体内でノルアドレナリンが分泌されます。この物質が大量に分泌されると、さまざまな症状がでることがあります。顔が赤くなる、心臓がドキドキする、汗をかくなどが代表的な症状です。不安や緊張は、マイナスなイメージが強いですが、生物としては必要な感情であり、必ずしも悪影響なことばかりではありません。アスリートなどでは、適度な緊張の状態にある方が良い結果が出やすいとされています。また、緊張や不安は防衛本能の一種とされており、人類は緊張や不安と上手く付き合うことができ、警戒心を持つことができたから生き延びることができたという説もあります。つまり、不安や緊張を上手くコントロールすることが重要です。

 

緊張をコントロール方法

リハーサルやイメージトレーニング

緊張をコントロールするためには、その対処法を知っておくことが大切です。そうすることで、緊張したときに現れる症状を緩和できます。対処法として、よく用いられるのがリハーサルやイメージトレーニングです。不安や緊張を感じる際は、失敗したらどうしようという心理が働きやすい状態です。それを緩和するためには、うまくいく経験やイメージを積み重ねていき、自信を付けることが必要です。アスリートや役者の方などもよく行っています。

 

深呼吸

また、深呼吸をすることも効果的とされています。特に、腹式呼吸によるものは、副交感神経系が優位になり効果が高いと言われています。なお、呼吸に関しては、さまざまな呼吸法があり、スポーツの世界などでも実践されています。それだけ、メンタルと呼吸は深い関わりを持っています。自分に適した呼吸法を探してみるのもよいでしょう。

 

注意力を逸らす

注意力を逸らすことも有効だとされています。緊張するときは、「今の発言は大丈夫たったかな」など自分について考えていることが多いです。しかし、余計に緊張を高めます。そういったときは、「相手はどのような言い方をしたら喜んでくれるかな」といった具合に、相手のことを考えることにより、注意を相手に向けます。そうすると落ち着くことができる場合があります。

 

あがり症を抑える薬インデラル

それでも、落ち着くことが上手くいかないこともあります。実は、日本では緊張した経験がある方が9割を超えるというデータがあります。シチュエーションとしては、大勢の前で話をするときや初めての方と話すときなど、コミュニケーションに関する内容が大半を占めています。さらに、自分があがり症だと感じる方も多くいます。あがり症の方が、対処法だけで落ち着くのは困難です。

 

そのようなときは、通販サイト「コンディション21」にて販売されているインデラルなど、薬の助けを借りるのもよいでしょう。インデラルは、あがり症の対策のときによく用いられる実績のある薬です。最初は薬の力を借りますが、それによりうまくできた経験を積むと、自信を持つことができます。自信を持てるようになると、あがり症の克服にも近づくことができます。なお。コンディション21では、インデラルなどの販売だけでなく、あがり症や片頭痛などの情報についても定期的に発信されています。気になる方は、コンディション21をご覧ください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針