結婚式であがり症発症…うまくスピーチするためのコツ

結婚式であがり症発症…うまくスピーチするためのコツ

結婚式というと新郎・新婦にとっては人生最大の晴れ舞台といっても過言ではありません。人前で話す場面はいろいろとあります。新郎・新婦の場合、誓いの言葉や親への感謝の気持ちを伝えるスピーチなどがあります。また友人や知人として参列する場合、スピーチを頼まれることもあるかもしれません。人前で日ごろ話すことに慣れていないと、極度に緊張するでしょう。頭が真っ白になってしまって、言葉が出てこない、噛み噛みになってしまっていわゆるグダグダの展開になってしまうこともあるかもしれません。このような経験をすると、次に結婚式のスピーチがあったときに「また同じような結果になってしまうのでは?」ということで、ますます不安になるでしょう。その結果、結婚式のときにあがり症になってしまう方もいるかもしれません。

 

結婚式のスピーチは入念な事前準備をしよう

もし結婚式であがってしまうようであれば、入念な事前準備をしておきましょう。スピーチをする際には文面を用意しておきます。その場でアドリブとなると、頭が真っ白になってしまって何もしゃべれなくなることもあり得ます。文面を用意するときには、起承転結をイメージしましょう。そして何かエピソードを交えると、ありきたりなものではなくオリジナリティのあるスピーチになるはずです。文章は何度も見直して試行錯誤していくといいでしょう。

 

声に出して練習しよう

これ以上文章を変えるところがないと思ったら、実際に声に出して練習しましょう。この時おすすめなのが、鏡の前に立って練習することです。そうすると、自分の目線を意識できるからです。スピーチをするときに手紙を見ても問題ありません。しかしずっとスピーチ中、文面に目を落としていると少し無愛想に感じられます。スピーチの最中に新郎・新婦やその両親、ゲストなどに目線を動かしてみましょう。鏡の前に立っていると、目線がどの程度変わっているかも意識できます。目線を変えることで、緊張がほぐれることもあり得ます。

 

スピーチ中はあえて聴衆に目を向けてみる

人前でスピーチするときに、聴衆に目を向けると余計に緊張してしまうと思っている人もいるでしょう。しかし実際にはその逆です。スピーチ中はあえて聴衆に目を向けてみることです。人前でスピーチするときに緊張するのは、ゲストの目線を意識してしまうからです。この時目線を避けようとすると、逆に緊張感が高まってしまうのです。「みんなが自分を見ている」という意識が逆にどんどん強まってしまいます。「あがっている」と思ったのであれば、あえてゲストの顔を見てみましょう。遠くの席の方からS字を描くような感じで、視線を移していきましょう。みんなの目を見ることで視線に対する怖さが薄まります。その結果、緊張がほぐれることも考えられます。

 

役者になったイメージを作る

人前でスピーチするときには、役者になったイメージを作るといいかもしれません。役者になって、スピーチの時に身振り手振りを使って話してみましょう。そうなるといい意味で開き直れるので、自分のペースで話ができるようになるでしょう。人前で話をするときに全く緊張しない人なんていません。聞いている人も「緊張しているだろうな」ということは共感しているはずです。そう考えると、ひどくあがることもないでしょう。

 

スピーチ集を参考にするのも有り

あがり症の人はスピーチを頼まれたときに話す内容が全く思い浮かばないという人もいるでしょう。何も思いつかなくて、結婚式当日を迎えてしまうということもあるかもしれません。そうすると何も話せなくなる、自分で何を話しているのかわからない、支離滅裂な内容になってしまうといったことも起こりえます。もしスピーチがなにも思い浮かばなくてどうしたらいいかわからなければ、スピーチ集を使ってみるといいでしょう。本来はスピーチ集を参考にして、オリジナルの内容にアレンジしていくのが好ましいです。しかし内容がなにも思い浮かばなければ、とりあえずスピーチ集の内容を丸暗記してしまいましょう。当日全くオリジナルのものが思い浮かばなくても、スピーチ集の内容をそらんじればいいと思え、安心できるはずです。

 

あがり症でスピーチまで多少時間があれば、お酒を飲むのも一つの方法です。披露宴では各種アルコールの飲み物も出てくるはずです。お酒を飲むことで緊張感がほぐれます。ただしお酒を飲む際には適量に抑えておきましょう。飲みすぎてしまうと泥酔してしまって、失態を演じてしまう恐れもあります。

 

あがり症を抑える薬インデラル

あがり症の方が極度に緊張するのは、ノルアドレナリンという神経伝達物質が過剰に放出されるからといわれています。このノルアドレナリン、薬で抑制することも可能です。このような薬のことをβブロッカーといいます。βブロッカーの薬は、パニック障害になった患者の治療薬としても使用されています。βブロッカーの薬はいくつかありますが、その中の一つにインデラルがあります。インデラルはコンディション21という通販サイトで取り扱っています。もしあがり症で結婚式のスピーチを頼まれていて不安であれば、インデラルを服用して当日臨むのも一考です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針