聞き手に好印象を与える話し方の秘訣

聞き手に好印象を与える話し方の秘訣

ビジネスの場面で、プレゼンテーションを行う機会は多々あるでしょう。社内向け会議での業績報告や新規事業の提案、社外向けの企業説明会など、さまざまなケースが想定されます。そうした機会を任される度に、積極的に準備するのと嫌々取り組むのとでは、プレゼンテーション自体の成果にも、準備や本番を通して抱えるストレスにも、雲泥の差が生じます。おそらく後者の人は自己分析を行い、自分を話しベタである、自信を持って話せない、どのように聴衆と向き合えばいいか分からないと悩む事でしょう。プレゼンテーションの準備を周到に行った前提で、ここでは「話し方のスキル」についてにのみ特化して、具体的な改善方法を示唆します。

 

聴衆は話し手の表情やしぐさを元に印象を判断している

ビジネスで用いられる、メラビアンの法則と呼ばれるものがあります。相手が話し手の何を見てその印象を判断するかについて示唆しており、要約すれば、内容と言葉が7%なのに対して、話している表情やボディランゲージ、声の大きさや話すスピードは93%の割合で、はるかに重要であるという事実です。誤解される事があるように、見た目を重視するというのは、いいスーツを着たり、だらしない格好をしないという事ではありません。あくまで、視聴覚で判断される発表の仕方の事です。

 

表情と動きを使い分ける

全く同じ言葉でも、無表情な人が淡々と語る言葉と、柔和な表情の人が笑顔で語る言葉では、受け取り方が全く異なります。言葉以上に表情が重要視されるのはそういう事です。聞き手の関心を得るために、どういうアプローチをすればよいかを考えます。

 

大きな会場で不特定多数の聴衆を相手にする場合には、自信に満ちた表情で堂々と登場しないと、話を聞いてみようという好印象は得られません。ガチガチに緊張していたり、雰囲気にのまれてオドオドしている人がマイクの前に座っても、何も期待できそうにないという印象を持つはずです。

 

少人数の会議で新規事業の提案をする際は、相手に自分の味方になってもらいたいと思うのではないでしょうか。その場合は、最初のつかみでは柔和な笑顔で、敵意や警戒を抱かせない表情が必要となるでしょう。また、あまり芳しくない成績を報告する業績報告では、オドオドした自信の無さを出さないように気を付けながら、神妙でありつつ毅然とした表情で、今後の業績回復への信頼も得られる表情を心がけるべきです。

 

さらにボディランゲージを添えて、表情の効果を増幅させます。聴衆が多ければ大きいしぐさで目を引きましょう。大画面に写したパワーポイントの資料を説明する際も、パソコンをいじりながら小手先で操作せず、大画面の前に移動して、重要な個所を腕を広げて伝えます。自信のある話し方に拍車をかけ、ある種の権威性をまとっているように見え、聞き手の信頼を得られるはずです。

 

聞き取りやすい声の使い方

日本語はただでさえ平坦に発音する言語なので、声が小さければぼそぼそとした話し方になりがちです。ただでさえそうなのですから、よっぽど意識して気を付けなければ、発声の改善が難しいと言えます。そこで、発声に関する最も大切な要素を4つにまとめます。

 

まずは声の大きさです。常に大声でがなり立てればよいわけではありません。強調したい形容詞があればそこだけ声の大きさを上げるとか、いくつか並列させる中で最も重要なものだけ大き目に発声するなどの強弱をつける事で、相手に大切なメッセージが伝わります。

 

次に話すスピードです。緊張するとどうしても早口になってしまう経験は誰にでもあるはずです。時間を計りながら練習を重ね、本番も時間を計りながら行う事で、自分が早口になっている事に気づけます。

 

そして、抑揚です。最後まで聞かないと、肯定なのか否定なのかも分からないのが日本語です。語尾の抑揚には特に注意しましょう。

最後は間の使い方です。時には沈黙を使って注意を引いたり、あえてゆっくり話すことで重要性を強調したり、さらっと早口で流すような口調で話題を変えたり、間の使い方によって、プレゼンテーション全体の構成にメリハリをつける事が可能です。

 

それでも緊張して実力を出せない人には

たとえ話し方の秘訣に関する知識を得ても、実践できないのでは宝の持ち腐れです。その原因にはあがり症であるなどの個人的な特性もあり得るかもしれません。あがらずに済むコツは準備を徹底する事ではありますが、それでも毎回緊張して実力を発揮できないと悩んでいる人には、医薬品の服用も一つの手です。最も知られているあがり症に効果的な医薬品にインデラルを挙げられます。緊張からの動機や震えを抑え、精神的なプラシーボ効果も得られるでしょう。個人輸入が認められている医薬品なので、自分でインターネット経由で入手できる気軽さもあります。海外とのやり取りが不安な人は「コンディション21」などの信頼性の高い個人輸入代行サイトもありますので、初めての人でも安心して購入する事が可能です。周到な事前準備、話し方の秘訣に加え、医薬品の補助も受ければ、万全の態勢を得られるはずです。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針