こんな特徴に要注意!もしかしたら、あなたはあがり症かも?

こんな特徴に要注意!もしかしたら、あなたはあがり症かも?

人前でスピーチやプレゼンをしたり、知らない人とコミュニケーションをとったりする場面では、急に緊張してしまうという人は少なくありません。多少緊張することは誰でも経験するなので、それほど心配する必要はないでしょう。緊張しながらも、グッと気をしっかり持って成功体験に結びつけることができる人は、あがり症の心配をする必要はないでしょう。しかし、自分の緊張が原因で大切なシーンを失敗体験に終わらせてしまうことが多い人は、もしかしたら極度のあがり症なのかもしれません。

 

あがり症の特徴

あがり症は人によって度合いが異なりますし、どのような症状や特徴があるかという点も異なります。どの場合でも、その根底には「上手くやり遂げたい」という成功願望と、「周囲に受け入れられたい」という受容願望があります。

それでは、あがり症の人にはどんな症状の特徴があるのでしょうか?

 

脈拍が速くなる

1つ目に、脈拍が速くなるという症状があります。緊張して頭がパニックになっている時に自らの脈拍をチェックする余裕がある人は少ないかもしれませんが、緊張すると誰でも脈が速くなるものです。しかし、あがり症の人は、緊張すると脈がとても速くなります。

 

汗をかく

2つ目の特徴に、汗をかくというものがあります。緊張することで手がビッショリになる人もいれば、手だけではなく足にも汗をかいたり、全身から大汗が噴き出すという人もいます。緊張による発汗はノルアドレナリンの作用によるもので、汗をかく部位や量には大きな個人差があります。

 

心臓がドキドキ、バクバクする

3つ目の特徴は、心臓がドキドキ、あるいはバクバクするというものです。これは動悸と呼ばれる症状で、緊張したりストレスを感じたりすると、それが心臓への負担となって現れます。緊張していないのに心臓がドキドキするのは、あがり症ではなく別の疾患かもしれませんが、緊張した時に動悸がするのはあがり症による症状だと考えてよいでしょう。

 

顔が赤くなってしまう

4つ目の特徴は、顔が赤くなってしまう赤面という症状です。顔が赤くなると、それは他人からもはっきりとわかるため、自分が緊張しているということを他人にも知らせてしまいます。そうした考えが脳裏を駆け巡ると、さらに緊張度は高まってしまうのかもしれません。

 

筋肉がこわばる

5つ目の特徴は、筋肉がこわばるというものです。あがり症の人によく見られる症状で、顔がこわばってしまって自然な表情を作れないとか、体が硬直して自然に歩けないといった症状が起こります。これは、緊張していることによって、脳が正常な状態を保てずに起こる症状です。

 

体が震える

6つ目の症状は、体が震えるというものです。手が震えて手元の書類が読めないとか、足や体全体が震えてしまうという人もいます。また、体だけではなく声が震える人も多く、普段のように話せなくなり、声がうわずってしまう人もいます。

 

あがり症による失敗体験・悪影響

あがり症によるこれらの症状は、自分一人しかいない場所なら何とか対応できるでしょう。しかし、あがり症の多くは他人を前にした時に起こるため、あがり症の症状が出るとさまざまなシーンで苦労する可能性が考えられます。それに、あがり症が原因で失敗体験をしてしまうリスクもあります。

 

人前で話をする際に、あがり症の人は苦労することが多いです。大勢の前でスピーチやプレゼンをするとか、ミーティングの際に自己紹介をする場合など、社会人として働いていると、人前で話さなければいけない機会はたくさんあります。その度に、あがり症で大汗をかいたり声が震えたり、頭の中が真っ白になって自己紹介すらできなかったりすると、そうした失敗体験が少しずつトラウマ体験となってしまうことも考えられます。

 

就職や転職における面接試験のように、人前で話すだけではなく立ち振る舞いなども見られている時には、あがり症の人にとっては緊張度がさらに高くなってしまいます。体や顔の筋肉が硬直して、動きや表情が不自然になったり、震えが止まらずにまっすぐ立っていられなかったりすると、残念ながらプラス評価してもらうことは難しいでしょう。また、発表会やスポーツの試合のように、自分にとってベストのパフォーマンスをしなければいけない場面でも、あがり症が原因で緊張してしまい、パフォーマンスに影響が出てしまうこともあります。

 

あがり症による症状は、神経の緊張を緩和してリラックス状態にすることで、症状を軽減することができます。経験を積めば場慣れすると言われていますが、日常的にあがり症で悩んでいる人にとっては、場慣れするまでに多くのトラウマ体験をしてしまう恐怖や不安の方が大きいのではないでしょうか。

 

あがり症を抑えるインデラル

あがり症は、無理に我慢する必要はありません。緊張した状態をほぐしてリラックスすることができるインデラルを服用すれば、短期間でもあがり症の症状を抑えることができます。インデラルは、コンディション21のような海外の個人輸入サイトを利用すると良いでしょう。コンディション21は信頼できる正規の医薬品輸出業者で、日本からも利用しやすいシステムが完備されているのでおすすめです。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針