人前でのスピーチが苦手という方に!あがり症、赤面症を抑える薬があるのを知っていますか?

人前でのスピーチが苦手という方に!あがり症、赤面症を抑える薬があるのを知っていますか?

人前に出ると、「手や足が震えてじっとしているのもつらい」、「声が震えてしゃべることもできない」、「大量の汗や赤面が気になる」という方は大勢いらっしゃいます。

 

人前であがるのは特別なことではなく、誰にでも多少はあるものです。しかし、自分のことをあがり症と思っている人ほど、「こんなにひどいのは自分がおかしいんじゃないか」と悩んでしまう傾向があります。

 

人前で話す時などに緊張するのはおかしなことではありません。ほとんどの人は多かれ少なかれ緊張を感じています。むしろ何も感じないという人の方がかなり珍しい存在でしょう。

 

また、自己主張が得意なように見える欧米人のなかにも、スピーチを苦手としてしている人はたくさんいます。

人前であがることは世界共通と言ってよいでしょう。

 

しかし、ごく自然なことであれ、実際にそれで苦しんでいる以上、誰だって可能ならば治したいと思うのではないでしょうか。

 

あがったり、緊張するのはどんな場面?

あがりや緊張の治し方を考える前に、まず、どんな時にあがったり緊張したりするかを考えてみましょう。

人前でのスピーチを挙げる人が大半ではないでしょうか。

 

では、なぜ人前で話すことに緊張を感じるのかを考えてみてください。それは、日常では経験することのないシチュエーションだからではないでしょうか。

 

ほとんどの方にとって数十人、数百人を前にスピーチする機会など滅多にありません。

日常でほとんど経験しないことをやるとなると、緊張を感じるのは当然です。

 

あがり症の場合、聞き手の人数はあまり関係ない事が多い

また、人前で緊張するのは、聞き手の人数とも関係ないことに注意してみてください。

 

数十人の前でのスピーチが緊張するのと同様に、聞き手が1~2人の時でも緊張するシチュエーションはたくさんあります。

たとえば、就職面接などがよい例でしょう。

 

面接官が1~2人でも緊張してうまく話せなかったという経験をお持ちの方は大勢いるはずです。結局これも、そういう場面で話す機会がないことが理由でしょう。

人前で話すことなどのように、ふだん経験する機会がないことをやる時に緊張するのは当然です。

 

人前に立つ機会が少ない人ほど緊張しやすい

しかし、当然とはいっても、緊張には身体的、心理的な不快感を伴いますし、あまり味わいたいものではありません。

 

ましてや緊張のあまり人前でしくじった経験がある方なら、それを機に人前で話すことに恐怖さえ抱くようになることもあるのではないでしょうか。

 

そうなると、人前で話すことをますます避けるようになるため、場慣れしないまま苦手意識だけ持ち続けることになってしまいます。

 

実際、自分のあがりや緊張にコンプレックスを持っている人ほど、人前でのスピーチ経験は少ないものです。

 

経験が少ないからこそ、いざ経験するとなると強い緊張を感じてしまい、ますます苦手意識を強めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

人前に立つ経験を増やして、成功体験を得よう

人前で緊張する原因は、人前に立つ経験が少ないことだとわかりました。

 

つまり、人前に立つ回数を増やしていけば、徐々に場慣れして緊張しなくなるということです。

 

また、回数が少ないうちでも、一つでも成功体験があれば、次回からの緊張はかなり少なくなります。

 

ここまでくれば、極度のあがりや緊張を感じないために何をすればよいかおわかりではないでしょうか。

そう、準備です。

 

しっかりした準備があると緊張は緩和されます

人前でスピーチしなければならないとしたら、本番までにしっかり準備してみっちり練習を重ねましょう。

 

練習すればするほど話すことは上手になるので、自分にも自信が持てるようになります。

 

自信を持って人前に立つことができれば、緊張も以前ほど強く感じなくなるでしょう。

 

緊張を強く感じなければスピーチも練習通りスムーズに進み、次回もやってみようというさらなる自信につながります。

 

練習しても緊張してしまうという方は、おそらく本番と同じシチュエーションで練習していないのではないでしょうか。

 

本番では壇上に立ってスピーチしなければならないのに、練習では部屋で寝転がって黙読しているだけでは、たとえスピーチの文言は覚えられたとしても練習にはなりません。

 

いざ本番になると、まったく異なるシチュエーションで話すことになるため、原稿を暗記できていたとしてもやはり緊張を感じてしまうでしょう。

 

緊張やあがり症・赤面症を抑える薬もあります

結論として、緊張を感じずに人前でスピーチを行うには、本番を想定してしっかり準備することが大切だとわかりました。

 

とはいえ、いくら練習しても緊張感がまったくなくなるわけではありません。よほど場慣れしない限り、「うまくできるかな?」という不安はあって当然です。

 

人によってはそのわずかな心の揺れが、声や手の震え、赤面、大量発汗などの身体症状につながることもあります。

 

そのせいでますます緊張が強くなり、練習通り話せなくなってしまうのが典型的なあがり症でしょう。

 

なかには「自分は病気ではないか」と思って病院に行ったりする方もいますが、こうした身体症状を抑えるにはインデラルがおすすめです。

 

緊張自体を感じなくなるわけではありませんが、動悸や手の震えなどを抑える薬なので、本番でもふだん通り振る舞うのに役立ってくれるはずです。

 

コンディション21」ではインデラル通販を扱っていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針