あがり症に元々の性格や血液型は関係あるの?

あがり症に元々の性格や血液型は関係あるの?

大勢の前でプレゼンやスピーチをする事がとても苦手、という人は少なくありません。緊張して手に汗をビッショリかいてしまうとか、パニックになって頭の中が真っ白になってしまうという人もいるでしょう。こうしたあがり症は、何度も場数を踏むことによって、少しずつ慣れることは可能です。しかし、その域に達するまでの道のりは長く、緊張している自分を他人に見られたくないというストレスと対峙することもまた、簡単ではありません。

血液型とあがり症の明確な因果関係はない

私達は、それぞれ性格が違います。そのため、人前に出た時にどのぐらい緊張するのかという度合いも違います。人間の性格を診断する際には、血液型が指標として使われることが多いため、あがり症も血液型と関係があるのではないかと考える人は多いでしょう。しかしあがり症克服協会によると、血液型とあがり症には、あまり直接的な関係はありません。

血液型とあがり症には関係がなくても、私達の性格とは大きな関係があります。性格によって、あがり症になりやすい人もいれば、なりにくい性格の人もいるのです。それでは、どんな性格の人があがり症になりやすいのでしょうか。

 

あがり症になりやすい性格

完璧主義者

まず1つ目のタイプは、完璧主義な性格があります。完璧主義の人は、何でも完璧にこなそうとするため、自分自身に対する精神的なプレッシャーが大きくなってしまいます。それが、緊張感やストレスを大きくし、あがり症の原因となります。

神経質な性格

2つ目のタイプは、神経質な性格が挙げられます。神経質な人は、細かい点にも気を配ることができる反面、他人があまり気にしないような部分でも自分では気になってしまうことがあります。それが、緊張感を高めてあがり症の原因となります。

心配性な性格

3つ目のタイプは、心配性な性格があります。心配性な人は、プレゼンやスピーチを行う前から「大丈夫かな」と心配することが多く、無事に問題なく終わった後でも「大丈夫だったかな」と心配するものです。問題がなくても、問題があるような妄想をしてしまう傾向があり、それがあがり症を引き起こす原因となります。

 

内気な性格

4つ目のタイプには、内気な性格があります。もともと人前で話すことが苦手な人にとっては、プレゼンでもスピーチでも、大勢の前で自分の意見を述べるということは、かなり緊張してしまうシチュエーションです。大きなプレッシャーやストレスを感じ、事前に想像するだけでも頭がパニックになってしまう、という人もいます。

 

自意識過剰な性格

5つ目のタイプには、自意識過剰な性格があります。スピーチやプレゼンにおいては、話を聞く側にとっては、話し手の顔や話し方、服装や仕草などに注目しているわけではなく、話の内容に注目しているものです。しかし自意識過剰な人は、自分が注目されていると考えてしまうため、恥ずかしくなり、緊張やプレッシャーが大きくなってしまいます。それが、あがり症となります。

 

ネガティブ思考

6つ目のタイプは、ネガティブ志向が挙げられます。ネガティブ志向の人は、何気ないことに対しても、ネガティブにとらえがちです。例えば、プレゼンやスピーチの途中で誰かが咳ばらいをしただけでも、自分が馬鹿にされたと考えてしまったり、誰かがクスっと笑っただけでも、自分はスピーチが下手なのだと考えてしまうかもしれません。ネガティブ志向の人は何事でも悪い方に考えてしまう傾向にあるため、大勢の人の前で話しをする事に対して、必要以上の緊張感を持ってしまうのです。

 

性格の改善であがり症は改善できる?

性格があがり症に大きく関係しているのなら、性格を改善することによってあがり症も克服できるのではないか、と考える人は多いでしょう。もちろん、性格を改善したり、大勢の前で行うプレゼンやスピーチに対する考え方を変えることで、あがりにくくすることは可能です。しかし、私達の性格は子供の頃に既に形成されています。そのため、もともと内気な人が、大人になってから外交的な性格になろうと思っても、簡単なことではありません。

 

社会生活を営んでいると、あがり症でもなんとか克服しなければいけない機会はあるものです。緊張して手や声が震えるとか、手に大量の汗をかいてしまうとか、緊張して顔が真っ赤に赤面しても、スピーチやプレゼンを任されれば、自分はあがり症だからと遠慮したり辞退することはできません。

 

あがり症の緩和にインデラル

そんなあがり症を克服するためには、インデラルのような医薬品を服用するのが効果的です。インデラルはドラッグストアなどでは市販されていない薬で、コンディション21などの個人輸入を利用して購入できます。インデラルはプロプラノロールを有効成分としたβ遮断薬として人気で、あがり症のように緊張することによって起こる不快な症状を抑える作用があります。服用することによって、これまでよりも緊張しにくくなります。よりリラックスした状態で、プレゼンやスピーチ、大切な商談に臨めるというメリットが期待できます。

 

インデラルは、経口摂取する医薬品です。そのため、海外からの個人輸入では、できるだけ品質面で信頼できる業者を利用することが大切です。インドを拠点に医薬品輸出業者として実績と信頼のあるコンディション21なら、販売している全ての医薬品に対して原産国や製造元が明記されているので安心です。

 

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針