あがり症になりやすい人の傾向とそれぞれの対処法とは?今すぐ克服したいならインデラルのお試しを

あがり症になりやすい人の傾向とそれぞれの対処法とは?今すぐ克服したいならインデラルのお試しを

あがり症は、本人にしか分からない辛さがあります。あがり症の症状は、動悸や息苦しさ、手足の震え、声の震え、赤面、発汗、吐き気など人それぞれで、「あがりたくない」と思っているのに、大切な場面になるほどあがってしまうものです。頭が真っ白になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

あがり症になりやすい人には、「人から見られていることを過剰に意識してしまう」「自分を実際よりもよく見せたい」「早く終わらせたい、できれば人前に出たくない」という3つの傾向が強いです。それぞれの傾向に合わせたあがり症の対処法には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

あがり症になりやすい人の傾向と対処法

人から見られていることを過剰に意識してしまう人

まず、「人から見られていることを過剰に意識してしまう」人は、他人からは落ち着いて見えることもあります。しかし、自分自身が自意識過剰と言うべきほどに人の視線を意識してしまっているため、内心でドキドキするのを止めることができません。手元に視線を感じると手が震えてきたり、質問されると急に挙動不審になってしまったりすることもあります。

 

対処法は、「人から見られている」のではなく、「自分が見ている」という意識に変えることです。自分が見ているというのは、きわめて能動的な状態です。プレゼンの内容を「どうにかして相手に伝えたい」と思いながら話すことで、人から見られていることを忘れることができます。

 

相手に伝えるために大切なのは、自分自身がどのようにプレゼンしているかを知ることです。本番を想定したプレゼンの練習動画を撮影してみましょう。自分を客観視すると分かるのは、案外落ち着いて見えること、そして、抑揚がなかったりジェスチャーが少なかったりすると、聞いている人の反応が薄くて当然だということです。あがっていても、他人からは分かりにくいものですから、多少のことには動じず、堂々と自信を持ってプレゼンに取り組みましょう。また、「自分が見ている」側に立つために、抑揚や緩急を付け、ジェスチャーを用いてみてください。相手に伝えようと一生懸命になっているうちに、あがる暇もなくプレゼンが終了しているかもしれません。

 

自分を実際よりもよく見せたい人

次に、「自分を実際よりもよく見せたい」人は、失敗を恐れる気持ちが強いのではないでしょうか。人前で良いところを見せて、相手から認められたいという気持ちは、誰もが持っていて当然のものです。しかし、失敗したくない、恥をかきたくないという気持ちが強くなると、完璧主義になり、少しの言い間違いや声の裏返りなどにも過敏に反応してしまうようになってしまいます。

 

対処法は、プレゼンで自分を実際よりもよく見せることは不可能だと割り切って、リラックスすることしかありません。数十分のプレゼンで相手に伝えられることはたくさんありますが、伝えきれないことも多いものです。謙虚な気持ちを持って、相手に伝えることに意識を向けましょう。

 

プレゼンは、それまでの区切りに行われることがほとんどですから、たとえプレゼンで少しくらい失敗したとしても、評価がマイナスになることはありません。上司はそれまでの準備過程もきちんと評価しているはずです。プレゼンですべてが決まると自分自身を追い込まずに、リラックスして臨みましょう。しかし、緊張している時にリラックスするのは難しいことでしょう。日頃からリラックスできる体づくりを行うことが大切です。

 

体が緊張している時は、肩や胸、のどなど上半身を中心とした筋肉が硬直します。そこで、肩をリラックスさせるには、肩をグルグルと回します。胸をリラックスさせるには、体の後ろで手を組み、天井を見上げるストレッチがおすすめです。自然と胸を開くことができるので、呼吸が楽になります。のどをリラックスさせるには、首を時計回りと反時計回りに回します。日頃からこのストレッチを取り入れ、リラックスできる体づくりを目指しましょう。プレゼン前にもできる、場所を選ばないストレッチなので、「ルーティン」にしてはいかがでしょうか。ルーティンとは、アスリートなどが本番前に行う動作のことです。決まった動作をすることによって平常心を保ち、本来の実力を発揮することができます。

 

早く終わらせたい、できれば人前に出たくない人

最後に、「早く終わらせたい、できれば人前に出たくない」という人は、プレゼンや自分自身からも逃げようとしているので厄介です。まずは、あがり症の自分にしっかりと向き合いましょう。

 

自分に向き合うといっても一人で変わるのは難しいものです。対処法として、職場であまり話したことがない人や、プライベートで初対面の人に、積極的に話し掛けてみましょう。プレゼンもコミュニケーションのひとつです。コミュニケーション

積極的になることで、自分自身にも向き合えるようになるのではないでしょうか。

 

あがり症を抑える薬 インデラルとは

対処法を実践したからといって、すぐに効果が出る訳ではありません。直近に控えているプレゼンが悩みの種だという方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、「インデラル」がおすすめです。インデラルは、あがり症にも効果がある医薬品です。インデラル通販サイト「コンディション21」では、気軽にインデラルを購入できます。是非一度ご覧になってください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針