人前に出ることに強い緊張を感じてしまう!その理由とそれに対する心構え

人前に出ることに強い緊張を感じてしまう!その理由とそれに対する心構え

人前に出る場面では多かれ少なかれほとんどの人が緊張を感じます。ただ、その程度は人によってさまざまです。緊張を感じてはいるものの、周囲の人にはそれを感じさせずにスピーチやプレゼンをきちんとこなせる人がいる一方で、顔が赤くなり、汗を大量にかき、おまけにガタガタ震えているなど、周囲の人にも明らかに緊張しすぎであることがわかる人もいます。この違いは性格的なものと片付けてしまいがちですが、そうとばかりは言えません。

 

あがり症は社会不安障害という病気に分類される

緊張が強くて赤面や動悸、発汗などの身体的な症状が出る人の場合、ただあがりやすいというだけでなく、社会不安障害という病気と診断されることもあります。つまり、性格が問題ではなく、病気のせいで過度な緊張を感じてしまうということです。

 

確かに、子どものころから活発で人前でも物怖じしない人もいれば、引っ込み思案でなるべく目立たないようにしてきた人など、性格的な違いは存在します。ただ、社会不安障害とまで診断されるようになると、単なる性格では片付けられません。社会不安障害とは精神疾患の一種ですから、当人はなかなか病気とは自覚できないものです。人一倍あがりやすいとしても、それは自分の心の問題だとか、性格の問題だなどと、誰にも相談せずに悩みを放置してしまっている場合が多々あります。

 

性格と決めつけずに適切な治療を受けよう

しかし、病気である以上、放置していても勝手に治ることはなかなかありません。一方、病気なら適切な治療を受けることで治癒します。「こんな性格だから」とあきらめてしまわないで、緊張が強すぎて日常生活にも支障が出る人は、適切な治療を受けましょう。

 

ただ、実際はそこまで深刻ではないけれど、やはり人前では非常に緊張してしまい、会社でのプレゼンなどを苦痛に感じている方は多いことでしょう。そこで、プレゼンなどを緊張のせいで苦手に感じている方のために、少しでも緊張を和らげるための心構えを紹介します。

 

しっかりした準備で不安は軽減できる

人前に強い緊張を感じるということは、人前に出る自分に対して強い自信を持てていないということです。なぜ自信が持てないかといえば、プレゼンなどの場合、自信を持って発表できるだけの準備ができていないことが大きな理由です。「資料を用意できていない」、「発表すべきスピーチを暗記していない」などの物理的な準備不足もあれば、必要な材料はすべてそろっているのに人前で話す心構えができていないという心理的な準備不足もあります。

 

物理的な準備であれば、誰でも事前にある程度の時間をかければ解決します。必要な資料を用意し、話すべきことを覚え、実際に練習してみるなどの努力は、その人の性格がどうであれできるはずです。

 

失敗したくない気持ちが強い、理想が高過ぎると緊張が強まる

一方、できるだけの準備はやったつもりなのに、それでも自分自身に不安を感じて、本番を考えるだけで緊張してしまうという人もいます。そういう人は他人にどう思われるかということを人一倍意識しているのではないでしょうか。誰にも他人に認められたいという欲求はありますし、「ダメなやつ」と思われるより「この人はすごい」と思われたいものです。ただ、他人にそう思われ得るだけのその理想とする自分の姿が、現時点の自分とはかけ離れていたらどうでしょうか。

 

理想が高すぎると、現実の自分との落差のため人前に出ることに不安を感じてしまうのは当然です。理想を掲げてそれに向かって努力することは大切ですが、ただかっこいい自分を夢想するだけでは意味がありません。現実の自分以上に他人に自分を大きく見せようと思っても、実際の自分がそうでない以上、自分でも無理をしていることは無意識にわかっています。それが人前に出る場面などを想像するだけでも、強い緊張を感じてしまう一つの理由です。

 

このような緊張をなくすには、十分な準備をすることは前提として、完璧な人などいないこと、誰も人前では程度の差はあれ緊張するものだし、失敗することもあることをしっかり認識することから始めましょう。

 

自分への注目を意識し過ぎない事が大切

また、人はそれほど他人に注目していないことにも気づいてください。たとえばあなたが誰かのプレゼンに参加した場合、どこまでそのプレゼンターの緊張度合いを気にしているでしょうか。そういう場面を思い返してもらえばわかるように、他人が緊張している様子などあまり覚えているものではないですし、たとえ覚えていたとしても「ああ、あの時あの人は緊張していたな」と軽く考える程度ではないでしょうか。他人のあなたに対する認識もその程度です。緊張することを悩む必要はなく、そもそもあなたが緊張してもしなくても、他人にとって大差はないのです。

 

緊張の緩和に「インデラル」

ただ、冒頭でも述べたように、社会不安障害と診断されるほど緊張が強く、身体的症状が表れる人もいます。そういう人も赤面や発汗などの症状がなくなるだけで、心理的にはかなり楽になるでしょう。それには、インデラルという薬が役立ちます。降圧剤の一種で、血圧を下げる作用があるため、赤面や動悸などの緊張の諸症状の緩和に有効です。

 

なお、インデラルは通常のドラッグストア等では購入できませんが、個人輸入代行サイトを使えば手に入れられます。なかでも「コンディション21」というサイトが評価が高くておすすめですので、機会があればぜひ利用を検討してみてください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針