緊張を感じた時に起こる症状は人それぞれ!違いを理解しよう

緊張を感じた時に起こる症状は人それぞれ!違いを理解しよう

緊張すると、肉体に何かしら症状が起こることがあります。その症状は人によって違いますが、よくあるのが「汗を大量にかく」、「赤面する」などです。このような症状は一般的ですので、人前で汗をかいたり顔が赤くなっている人を見ても「緊張しているな」というぐらいの感想でしょう。

 

ところが、なかには一般的でない症状が現れる人もいます。例を挙げると、「緊張するほど顔が笑っているような表情になる」、「あくびを連発してしまう」、「なぜかゲップが出る」などです。

 

緊張した時に生じる肉体的な変化は人それぞれ

このように、緊張した時に生じる肉体的な変化は人それぞれです。あがり症を克服したいという人は少なくありませんが、人によって異なる症状が現れるということは、あがり症克服といっても唯一の方法があるわけではないということがわかります。

 

また、意外と自分で自分の症状に気づいていないパターンも少なくありません。たとえば、緊張するとあくびが出る人がいて、その人はそのことに気づいていないとします。緊張する場面であくびが出るのに、それが緊張によるものと気づいておらず、自分でも「こんな場面であくびとは不真面目な!」などと考えているようなこともあるのです。

 

どのような症状が自分に現れるかを知ることが大切

そのため、あがり症の克服を考える場合、まずあがった時にどのような症状が自分に現れるかを知ることが大切なのです。

そもそも、なぜ緊張した時にこのようにさまざまな症状が出るのでしょうか。たとえば、緊張して顔が笑ってしまうような人の場合、当然ながらその人はおかしくて笑うわけではないでしょう。

 

実際は、笑顔ではなく、顔の筋肉が緊張によって強張っているだけなのです。そのため、緊張を感じる場面のみならず、恐怖やショックを感じるような場面でもこういう人は笑い顔のような表情になってしまいます。

 

あらかじめ顔の筋肉をマッサージしてリラックス

人に誤解されやすいのが困った点ですが、自分でそれと気付けば顔の筋肉をリラックスさせることに努めるとよいでしょう。たとえば、緊張を感じる場面を前にした時は、あらかじめ顔の筋肉をマッサージしてリラックスさせておくのです。いつも生じる症状が和らぐだけでも、緊張の心理的影響は随分和らぎます。

 

緊張するとあくびがなぜか出てしまうという人もいますが、緊張すると眠くなるからというわけではないこともおわかりでしょう。あくびについては実はまだよくわかっていないことも多いため、専門家の間でも統一の意見はありません。ただ少なくとも、あくびが出るから眠いとは限らないことはわかっています。

 

あくびについての説の一つに、脳に酸素を送り込み、緊張している体をリラックスさせるための作用があります。つまり、体が勝手に防衛反応を起こして、現に感じている緊張を緩和させようとしているのです。

 

緊張とは英語で「ストレス」と言いますが、ストレスとは息を浅くするもので、息が浅くなると脳に送り届けられる酸素の量が減ってしまいます。そうなっては生命活動にも危険が及ぶため、酸素量が減っていると感じた脳が、体にあくびを出すことを命令し、それによってストレスを和らげ酸素を取り込もうとしていると考えられるわけです。

 

緊張によってあくびが出る人はこういう風に考えよう

緊張によってあくびが出る人は、自分でもそれに困っているはずです。眠いわけでも退屈しているのでもないのにあくびが出てしまうので困っているわけですが、事情を知らない他人はそれを見て、「こんな場面で呑気だ」などと決めつけていることがあります。

 

しかし、あくびが脳に酸素を取り込むために起こる防衛反応だと考えると、緊張によってあくびが出る人は、生命維持に危機を感じるほど緊張状態が強いということがわかります。緊張してあくびが出るということは脳からの危険信号ですので、休憩や気分転換などによってなるべく緊張緩和する工夫をしましょう。周りの人がそれに気付いた時もサポートしてあげてください。

 

緊張するとなぜかゲップが出てしまう場合は?

緊張するとなぜかゲップが出てしまうという場合はどうでしょうか。ゲップが出るのは空気嚥下症や吞気症などの症状が原因と考えられます。これらの症状は、息と一緒に飲み込んだ空気がお腹の中に溜まって、それがこれ以上溜まりきれないほど多くなった時に、体が勝手に反応してゲップとして排出されることによって起きます。

 

緊張して唾をゴクリと飲むことはよくあります。これにも人それぞれ違いがあり、唾の量が増える人もいれば減る人もいます。唾の量が増える人は、無意識のうちにそれを飲み込むため、その際、一緒に空気を飲み込んでしまうのです。その結果、お腹の中に空気が大量に溜まり、ゲップが出てしまいます。

 

強く緊張するほどゲップがたくさん出るという人は、緊張した時に唾をゴクリと飲み込んでいるかどうか注意してみてください。自分で意識できれば、空気まで一緒に飲み込まないように気をつけることができます。それだけでもゲップの頻度は少なくなるはずです。

 

慢性的なあがり症にお悩みの方はインデラル

緊張による身体症状は以上のようにさまざまですが、なかには、自覚しても自分でどうすることもできない症状にお困りの方もいることでしょう。そういう場合、片頭痛や不整脈の治療にも使われる「インデラル」という医薬品を検討してみてください。緊張を緩和させる作用もあるため多くの人が利用しています。通販サイト「コンディション21」にて個人でも手軽に購入可能です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針