健寿の京 トップページ 商品紹介 店舗案内 京の健康かわら版
トップページ トップページ        
京の健康かわら版
 

気になるカラダのこと

季節の健康対策

季節の健康対策

健康豆知識

 
トラックバック
 
 季節の健康対策  

お肌を乾燥から守る

● 冬場、お肌は乾燥しやすい
寒い季節、お肌の調子はいかがですか?気温が低下すると、外気の湿度が低下して乾燥するため、角質層の水分が奪われやすくなり肌も乾燥しやすくなります。
また、更に、寒さで血流や新陳代謝が悪くなることで、お肌に必要な水分や皮脂が
不足し、肌をおおっている皮脂膜が作られにくくなり肌に必要な水分が保てなくなります。
このようにお肌は、気温の変化によって、自分では気づかないうちにカサついてあれやすくなったりしますので、特に冬場は、事前にケアすることが大切です。

● 乾燥対策として日常でできること
■食事で気をつけたいこと
ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、そしてビタミンE、ナイアシンやパントテン酸といったビタミンは、皮膚の健康に関わるビタミンですので、バランスよく積極的にとるようにしましょう。
また、うるおいを守る役割をするコラーゲンやコンドロイチンも積極的に摂りたい栄養素です。

■洗顔で気をつけたいこと
熱いお湯で洗うと汚れは落ちますが、お肌に必要な皮脂まで落としてしまいますので、肌の乾燥には良くありません。
また、逆に冷たい水で洗うと毛穴が閉じてしまうことがありますので、汚れが落ちにくい場合があります。最適な温度は、体温より少し低めのぬるま湯が最適といわれています。
このくらいの温度だと、お肌に必要な潤いを残したまま、汚れをしっかり落とせます。

■こまめな湿度調整と水分補給
室内を暖房すると、空気が乾燥しますます乾燥が気になります。必要に応じて加湿器を使うなど、室内の湿度調整をこまめに行うことをおすすめします。
特に、夜眠っている間は気温も湿度も下がり、乾燥しやすい環境になるので、コップ一杯の水を部屋に置くなどしてお部屋の乾燥を防ぎましょう。
また、体内の水分補給も2時間ごとを目安にこまめに行うと良いです。

2007/02/27   
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://kenju.jp/kenju_admin/kenjumt/mt-tb.cgi/25
  株式会社ヘルスライフ