健寿の京 トップページ 商品紹介 店舗案内 京の健康かわら版
トップページ トップページ        
京の健康かわら版
 

気になるカラダのこと

季節の健康対策

季節の健康対策

健康豆知識

 
トラックバック
 
 季節の健康対策  

知っておきたい紫外線対策

● 紫外線(UV:Ultra-Violet ray)の種類sigaisenn.jpg
紫外線は、その波長により次の3つにわけられます。

A波→お肌の真皮まで届き、しみやしわ、たるみなど肌老化の原因となる。波長が長いため、ガラスなども通過しますので、車内や室内でも肌に作用します。
B波→真皮に達する量は少ないですが、肌表面に強く作用し、赤く炎症をおこし、数日後には黒く日焼けをした状態を引き起こします。
C波→オゾン層によって地表には届かないといわれているが、オゾン層の破壊によって透過量が増えてきていると言われています。

● SPF、PA値って何?
SPFとは、
UVB波を防止する目安
で、Sun Protection Factor(サンケア指数)の略です。
SPF1で、UVB波による日焼けを約20分遅らせることを示します。
レジャーなどで1日外に出る場合は、SPF20以上のものを使うことをおすすめします。(SPF20の持続時間 20×20(分)=400分(約6時間半)
ちなみに、紫外線の強い地域でも1日中防止するのに、SPF50で十分とされ、日本化粧品工業連合会ではSPF50が上限値として定められています。

PA値とは、
UVA波を防止する目安
で、Protection Grade of UV-Aの略です。
日焼けどめを塗った肌に、UV-Aを照射した場合と、何も塗らない肌の状態でUV-Aを照射したときと比べて、照射2~4時間後の肌の黒化反応により次の3段階に分類されます。
PA+(防止効果あり)
PA++(防止効果が高い)
PA+++(防止効果が非常に高い)

● 紫外線のあたりやすい部分に注意!
額や鼻、デコルテや肩といった部分は、紫外線を多く受けやすい部位です。こまめに、日焼け止めを塗りなおしすることを心がけましょう。

● 日焼け止めは安全性の高いものを
レジャー時だけでなく、毎日行う紫外線対策に用いる化粧品は使い心地がよく、なるべく植物由来でできた肌への負担が少ないものを選ぶことが大切です。
例えば、買い物にちょっと出かける、洗濯物を干す、通勤など日常生活では、SPF10PA+で十分です。
SPFやPA値は高数値のものほど紫外線防止剤の量が増えて肌への負担が大きくなりがちですので、やみくもに数値の高い商品を選ぶのではなく、ライフシーンに合わせて、また成分をしっかりみて、肌にやさしい紫外線対策を心がけるようにしましょう。
ちなみに、紫外線の強い地域でも1日中防止するのに、SPF50で十分とされ、日本化粧品工業連合会ではSPF50が上限値として定められています。
日焼け止めはいつまでに肌に残しておくと、かえってしみや小じわの原因となりますので、クレンジングを念入りにすることも大切ですね。

2005/06/19   
  株式会社ヘルスライフ